社会人が仕事と勉強を両立させる睡眠法!

社会人になると、仕事が生活の中心となります。そのため、資格勉強などの時間が取りづらくなります。社会人が仕事と勉強を両立させるにはどうしたらよいでしょうか? その秘密は睡眠にあります。


社会人の基本は「朝活」

社会人は、仕事を最優先にせざるを得ないと思います。ですから、平日は無理のない範囲で勉強をします。

仕事を終えて、家に帰ってから勉強をするのは、体力的にかなりきついはずです。残業などがあれば、勉強したくても時間はとれないでしょう。帰宅後の勉強時間をスケジュールに組み込んでいても、仕事の関係でつぶれてしまうかもしれません。それよりも、確実に時間をとれる朝を活用したほうがいいでしょう。

出勤時間によると思いますが、平日の朝は、5時半に起きて、出勤前の時間を勉強時間に当てます。睡眠でリフレッシュした頭を使って勉強をすると、勉強がはかどります。

自宅で勉強してもいいですし、気分を変えて、職場の近くのカフェなどで勉強をしてもいいでしょう。朝の1時間から2時間を有効に使って下さい。そのかわり、夜の勉強時間はあまり長時間にしないで、遅くとも25時には寝るようにして下さい。

土日がポイント

また、社会人の方は、自由に使える土日をうまく利用することが大切です。平日の睡眠時間を補うため、1サイクル(1時間半)か、2サイクル(3時間)多めに寝て、あとの時間は勉強に使います。

ただし、起きる時間をあまりにもずらしてしまうと、体内時計のリズムが崩れてしまって、月曜日に出勤するのがつらくなることがあります。仮に3時間多く寝る場合でも、8時半までには起きて、日の光をいっぱい浴びるようにしましょう。

仕事と勉強のパフォーマンスを優先

社会人が一番考えるべきは、仕事と勉強のパフォーマンスです。長時間勉強することによって、疲れを残して効率を下げてしまったら、良い結果は生まれません。短い時間に集中して勉強し、勉強の効率を高めていきましょう。

睡眠時間がポイント

それには、睡眠時間を一定時間以上確保することが大切です。最低ラインは平日4時間半。寝室の環境や寝具なども、眠りやすいものを整えて、4時間半を熟睡できるようにしましょう。理想の睡眠は、床に着いて1秒で眠りに入り、目覚まし時計が鳴る1秒前に目が覚めることです4時間半を熟睡できれば、健康もパフォーマンスもある程度保てるはずです。

社会人の方にとっては、生活リズムや体調を崩さずに勉強を続けていくことが何よりも大切です。体調を崩して仕事に影響が出てしまったら大変です。4時間半睡眠がご自分に合わなければ変えましょう。ご自分に合ったやり方で、体調をコントロールしながら、仕事と勉強を両立させましょう。

前の記事

「英会話や資格の勉強を効率的に記憶させる睡眠方法」

関連リンク

「睡眠カテゴリの他の記事を探す」

参考リンク

「医学的にも安心! 「4時間半熟睡法」で効率的に睡眠をとる方法」

参考本

「合格を勝ち取る睡眠法(遠藤拓郎)」

    
コメント