睡眠障害

睡眠障害に関する情報を紹介します。

  • 不眠症を医師に相談するときの5つのポイント

    不眠症を医師に相談するときは、あらかじめ、自分の睡眠パターンを整理しておくことが大切です。不眠症を医師に相談するときの5つのポイントを紹介します。 不眠症を医師に相談する5つのポイント 1. どのような不眠か 2. 不眠はいつ始まったか 3

  • 高齢者に多い睡眠障害! 睡眠相前進症候群の原因と治療方法

    よく老人の朝は早いといいますよね。実際年をとると、睡眠力が弱くなりどんどん起きる時間が早くなってしまいます。その結果、「睡眠相前進症候群」という睡眠障害になりやすくなるのです。それでは、睡眠相前進症候群の原因と治療方法について紹介します。 睡眠相

  • スイーツ女子は注意! スイーツと冷えが不眠を招く!?

    スイーツ(甘いもの)の食べ過ぎは不眠を招きます。特に、寝る前のスイーツがよくありません。スイーツ女子、スイーツ男子の皆さん、不眠がちじゃありませんか? スイーツを食べると眠れなくなる理由 なぜスイーツを食べると眠れなくなるのでしょうか? インス

  • 死んでしまう睡眠障害。家族性致死性不眠症

    睡眠をとらない状態が続けば、人は死んでしまいます。しかし、極度の睡眠不足になると、人は自然と眠ってしまうため、睡眠障害で死ぬことはほとんどありません。しかし、唯一死んでしまう恐ろしい睡眠障害があります。それが、家族性致死性不眠症です。 家族性致死

  • 45日間眠れない男? 思い込みの睡眠障害「逆説性不眠症」とは

    45日間眠れかったと訴えた男性がいました。45日間も睡眠をとらないでいられるのでしょうか? 実は、これ「逆説性不眠症」という睡眠障害なんです。逆説性不眠症は、慢性不眠症の5%程度を占めている睡眠障害です。 45日間眠れなかった男性 男性が、不眠

  • 季節の変わり目に起きる睡眠障害!? 特定の季節にうつ病が増えるのが原因だった!

    春がきてぽかぽかとした陽気になると、うとうとと眠くなってしまいます。逆に、秋から冬にかけての季節の変わり目には、どういうわけか寝付きが悪くなり、途中で目が覚めてしまうといった睡眠障害が起こります。一体なぜでしょうか? 睡眠と日照時間の関係 睡眠

  • 足がむずむずして眠れない! 「むずむず脚症候群」と「周期性四肢運動障害」

    夜ベッドに入ると足がむずむずしてきて眠れない! といった睡眠障害があります。名前は「むずむず」とつくので可愛らしいですが、高齢者の不眠の原因となりやすい睡眠障害です。今回は、足をむずむずさせるのが特徴の「むずむず脚症候群」と「周期性四肢運動障害」を紹介します。

  • 若者と高齢者の不眠傾向

    若者も高齢者も不眠症になることがあります。しかし、若者は生活リズムが後ろにずれるため夜眠れなくなり、高齢者は生活リズムが前にずれ朝早くに目が覚めてしまいます。 若者の不眠症傾向 最近の若者は、深夜まで起きていたり、テレビやゲームなどで不規則な生

  • 適切な睡眠をとれてる? 不眠症になる前に自分の睡眠をチェックしよう!

    眠れないと言っても、寝付けない、途中で目が覚めてしまう、眠りが浅い、など、その形は人それぞれです。あなたが適切な睡眠を取れているかをチェックしてみましょう。 あなたの不眠のパターンは? なかなか寝付くことができない 途中で目が覚めるが、すぐに

  • 知らないうちに睡眠障害!? こんな症状があったら要注意!

    睡眠障害には、入眠困難、途中覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4つのパターンが代表的ですが、睡眠障害になっている人でも、自分が睡眠障害になっていることに気づかないことがあります。睡眠障害は、「眠れない」とはっきりわかっていない状態で起きることもあります。自分が睡眠障害

  • 睡眠薬の睡眠時間はこんなに違う! 「睡眠薬」の種類

    睡眠薬は、半減期(薬が最初の半分の量になる時間)の違いにより、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型に分類されます。睡眠薬による睡眠時間の長さ別による睡眠薬を紹介します。 超短時間型 超短時間型は、作用時間が6時間以内です。副作用の、持ち越し効

  • 睡眠障害を治療する「睡眠薬」の種類と副作用

    睡眠障害を治療してくれる「睡眠薬」の種類、治療方法、副作用、服用の注意点を紹介します。睡眠薬の基本知識を理解することが不眠症改善に役立ちます。 睡眠薬の種類 まずは、睡眠薬の種類を紹介します。 メラトニン メラトニンは、ほぼすべての生物

  • 認知行動療法による睡眠障害治療。認知行動療法の長所と短所

    不眠症などの睡眠障害の治療は、睡眠薬による治療や習慣改善により治療を行います。最近では、認知行動療法による睡眠障害の治療も増えてきています。 認知行動療法とは何か 認知行動療法は、「習慣をいかに直すか」に重きをおいています。「習慣」とは、生活習

  • 睡眠効率が上がる「睡眠調整法」。入眠障害など不眠症にも最適です!

    入眠障害など、睡眠効率が悪い人のための睡眠改善法があります。それが、睡眠効率を上げる「睡眠調整法」です。 睡眠調整法 不眠が続くと身体の疲れがとれないために、自然と寝床に入っている時間が長くなってしまいます。すると不思議な現象が起こります。実際

  • 実は難しい! 睡眠障害の症状別によって治療する病院が変わる!

    不眠や睡眠障害で治療を受ける場合、実は病院を探すのが非常に難しいです。なぜなら、睡眠障害の種類によって、病院の専門が変わるからです。 症状別病院の探し方 基本的には、睡眠を専門にしている病院(睡眠外来)で診療を受けましょう。 精神的な問題

  • 脳が興奮して眠れない! 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

    睡眠障害は、別の病気が原因で起きることがあります。今回は、「甲状腺機能亢進症」による睡眠障害を紹介します。 甲状腺機能亢進症とは 甲状腺機能亢進症は、「バセドウ病」と呼ばれ、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。女性に多くみられます

  • トイレで何度も起きてない? 「夜間頻尿」の原因と治療方法

    年をとると、夜中にトイレに起きて目が覚めることが増えてきます。寝ている間、尿意で何度となく目が覚めることを夜間頻尿と言います。「夜間頻尿」の原因と治療方法を紹介します。 夜間頻尿の原因 寝る前に、水分をたくさん飲むと、夜間頻尿になりやすくなりま

  • 中高年の女性に特有の「更年期障害」による睡眠障害の原因と治療方法

    40〜50代で閉経を迎える時期を、更年期といいます。更年期障害という言葉をよく聞くと思いますが、様々な症状があり、その中に不眠になる症状があります。今回は、更年期障害に関する睡眠障害の原因と治療方法を紹介します。 更年期障害とは 頭痛 疲れや

  • 女性特有の「月経随伴睡眠障害」と「妊娠随伴睡眠障害」の原因と治療方法

    女性は、生理により不眠となる場合があります。生理の前後は、イライラしますよね。また、妊娠中は不眠になりやすくなります。女性特有の睡眠障害である「月経随伴睡眠障害」「妊娠随伴睡眠障害」の原因と治療方法を紹介します。 月経前緊張症候群の原因 月経前緊張症候

  • 夜中に叫ぶ「夜驚症」の原因と治療方法

    睡眠中に歩きまわる「夢遊病」以外にも、夜中に叫ぶ「夜驚症」という睡眠障害があります。こちらもノンレム睡眠中の睡眠障害です。では、「夜驚症」を紹介します。 夜驚症 夜驚症(やきょうしょう)は、睡眠驚愕障害ともいい、眠っている途中で、突然、恐怖の叫

1 / 3 1 2 3 最後 »