「睡眠障害」で代表的な症状4つのパターン

睡眠障害には、代表的な4つのパターンがあります。

1. 入眠困難
2. 途中覚醒
3. 早朝覚醒
4. 熟眠障害

です。それぞれの睡眠障害の症状をみていきましょう。


1. 入眠困難

入眠困難の特徴は、眠ろうとしてから30分以上かかります。入眠困難は、不眠症で最も典型的な症状です。ただし、昼間眠ってたり、朝遅くまで眠っている場合は、入眠困難による症状ではありませんの。

ずっと起きていて体は疲れているのに寝つけない場合、入眠困難の可能性があります。ただし、明らかにストレスとなる原因があって、一時的にに寝つきが悪くなる場合は、あまり心配いりません。

ただし、慢性不眠症の人では、特別な原因もないのに、毎晩寝つくのに長時間かかるということが多いです。入眠困難のタイプは、眠ろうとするだけで、今夜はうまく眠れるかを考えて緊張してしまう人が多いのも特徴です。

2. 途中覚醒

途中覚醒の人は、睡眠の途中で何度も目が覚めてしまいます。一晩に2回以上目が覚める場合、睡眠障害の症状である可能性が高いです。また、途中覚醒は、年齢が上がるにつれ、睡眠の途中で目が覚める回数が増えます。

60歳以上の人では、一晩に2回程度目が覚めるのは平均的です。目が覚めた後、すぐに眠ることができればあまり問題はありません。若い人で途中覚醒が起きる場合、精神的ストレスや飲酒による影響が多いです。

悪夢や体動によって目覚めてしまうという場合もあります。悪夢では、レム睡眠中断が起こりやすく、繰り返し悪夢を見るという場合には、レム睡眠に入ろうとしただけで、睡眠が中断してしまうというケースもあります。心的外傷後ストレス障害(PTSD)や強いストレス、過労により途中覚醒が起こりやすくなりま。体動による場合は、手足が勝手に動くという場合、むずむずしてじっとしていられない場合があります(むずむず脚症候群など)。

参考リンク

「むずむず脚症候群」

3. 早朝覚醒

早朝覚醒は、朝早く目が覚めてしまうのが特徴です。早朝覚醒では、いったんぐっすり眠るものの、必要以上に早く目が覚め、それから眠れなくなるタイプの不眠です。いつもより1、2時間早く目覚める軽度な症状から、深夜2時、3時に目が覚めてしまう重度な症状まであります。

早朝覚醒も、原因によって、いくつかのタイプがあります。1つはうつ病にともなうもので、徐波睡眠が短くなるために早く目が覚めやすくなり、ぐっすり眠れないうちに、もう眠りに入れなくなってしまいます。特に中高年のうつ病に多いです。

もう1つは、体内時計が早くずれる睡眠相前進症候群によるもので、睡眠時間自体の長さは変わらないのが特徴です。高齢者に多くなります。

参考リンク

「睡眠相前進症候群の原因となる概日リズム睡眠障害」

4. 熟眠障害

熟眠障害は、眠りが浅く熟睡できないのが特徴です。徐波睡眠が減少し、レム睡眠の割合が増えたときに起こります。夢を多く見たり、眠っているのかどうかわからないという感覚を持ちます。

今回紹介した4つの症状がある場合は、睡眠障害の可能性があります。睡眠に問題があるのであれば、病院で治療をしましょう。

次の記事

「知らないうちに睡眠障害!? こんな症状があったら要注意!」

前の記事

「睡眠障害のパターン、症状、種類まとめ」

    
コメント