睡眠障害のパターン、症状、種類まとめ

睡眠障害のパターン、症状、種類まとめをまとめました。睡眠障害は、範囲が広いため全体像を理解することが大切だからです。わからないところがあっても構わないので、睡眠障害にはこんな症状や種類やパターンがあるんだと思ってざっと読んでみてください。そこから自分に当てはまっていそうな睡眠障害があれば、個別にみていきましょう。


睡眠障害の症状を見分ける4つの不眠パターン

睡眠障害には大きく分けて、4つの不眠パターンがります。

1. 入眠困難

眠ろうとしてから、必ず30分以上かかる

2. 途中覚醒

途中で何度も目が覚める

3. 早朝覚醒

朝早く目が覚めてしまう

4. 熟眠障害

眠りが浅く、熟睡できない

参考リンク

「睡眠障害の4つのパターン」

睡眠障害にともなってみられやすい状態

睡眠障害になると、様々な症状が出てきます。あてはまる症状があれば睡眠障害になっている可能性があります。

朝起きれない
居眠りが多い
コーヒーをよくのむ
疲れやすい
集中力が低下している
仕事のミスが増えた
イライラしやすい
脚がムズムズする

など、これらの症状があったら睡眠障害になっている可能性があります。

参考リンク

「睡眠障害の症状」

様々なタイプの睡眠障害

睡眠障害とは、よい眠りがとれない状態ですが、眠れないということが症状の中心である不眠症以外にも、睡眠障害があります。

1. 眠れない

夜眠れないタイプの睡眠障害で、いわゆる不眠症です。

精神生理性不眠症
逆説性不眠症
特発性不眠症
睡眠衛生が乱れている

参考リンク

「眠れないタイプの睡眠障害」

2. 昼間の眠気

昼間に強烈な眠気が出てしまうタイプの睡眠障害です。ナルコレプシーは特に危険です。

ナルコレプシー
睡眠時無呼吸症候群
呼吸関連睡眠障害
行動因性睡眠不足
概日リズム睡眠障害
特発性過眠症

参考リンク

「昼間の眠気が強い睡眠障害」

3. 異常行動

睡眠中、知らずのうちに行動しています。夢遊病が有名です。

レム睡眠行動障害
夢遊病
夜驚症
むずむず脚症候群

参考リンク

「異常行動のある睡眠障害」

4. 女性特有

生理、妊娠、閉経など女性特有の睡眠障害があります。

月経随伴睡眠障害
妊娠随伴睡眠障害
更年期障害

参考リンク

「女性特有の睡眠障害」

睡眠障害の治療方法

睡眠障害の治療は、病院で診療を受けるのが基本です。

睡眠薬
生活習慣改善(睡眠衛生改善)
認知行動療法

などを用いて、治療を行います。軽度の睡眠障害の場合は、朝太陽を浴びる、食事改善、体温管理などを利用して体内時計を元に戻していきます。

参考リンク

「睡眠障害の治療」

睡眠障害になりやすい病気

身体、精神の病気が原因で不眠になりやすくなる病気があります。

参考リンク

「不眠の原因になりやすい他の病気の症状」

1. 身体疾患

病気による、体の痛みや痒みなどが原因で眠れなくなります

消化器疾患
慢性疼痛疾患
呼吸関連睡眠障害
心不全
高血圧
甲状腺機能異常
腎疾患、肝疾患
むずむず脚症候群

2. 精神疾患

精神病による不安や緊張が原因で眠れなくなります。

うつ病
双極性障害
統合失調症
不安障害
適応障害
心的外傷後ストレス障害
注意欠陥/多動性障害

まずは、全体像を理解して個別の睡眠障害の情報をおさえていくと、睡眠障害も治しやすくなります。まずは基本をおさえましょう!

次の記事

「睡眠障害で代表的な症状4つのパターン」

前の記事

「オーダーメイド枕が合わない3つの理由」

参考本

「人はなぜ眠れないのか(岡田尊司)」

    
コメント