トイレで何度も起きてない? 「夜間頻尿」の原因と治療方法

年をとると、夜中にトイレに起きて目が覚めることが増えてきます。寝ている間、尿意で何度となく目が覚めることを夜間頻尿と言います。「夜間頻尿」の原因と治療方法を紹介します。


夜間頻尿の原因

寝る前に、水分をたくさん飲むと、夜間頻尿になりやすくなります。また、お茶やコーヒーなどに含まれるカフェインには利尿作用があるので避けましょう。また、アルコールは利尿作用だけでなく、睡眠が浅くなるので夜間頻尿の原因になります。

男性の場合、夜間頻尿になりやすい病気があります。それは、前立腺肥大症です。中年になると、機能が低下しはじめ、前立腺が少しずつ肥大してきます。前立腺肥大症の初期症状が夜間頻尿のため、夜のトイレが増えたら、前立腺肥大症の可能性があります。

女性は、冷え性の場合、夜間頻尿が多くなります。それ以外にも、糖尿病、高血圧、膀胱炎、腎機能低下などが、夜間頻尿の原因となります。

不眠症が夜間頻尿の原因にもなる

不眠症が夜間頻尿の原因となることもあります。眠っている間は、抗利尿ホルモンが尿の生成を抑えているため、長時間睡眠してもトイレにいくことはありません。しかし、なかなか眠れないとトイレに行きたくなることはありませんか? 抗利尿ホルモンが十分に分泌されていないため、眠っている間でも尿が生成されやすくなります。

夜間頻尿の治療方法

まずは、眠る前に飲む水分を減らします。カフェインが含まれるお茶、コーヒー、紅茶は控えましょう。アルコールも控えます。前立腺肥大症などの病気が考えられる場合は、病院に行きましょう。

その他にも、冷え性の人は体を温めたり、漢方薬も効果的です。

次の記事

「脳が興奮して眠れない! 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)」

前の記事

「中高年の女性に特有の「更年期障害」による睡眠障害の原因と治療方法」

    
コメント