スイーツ女子は注意! スイーツと冷えが不眠を招く!?

スイーツ(甘いもの)の食べ過ぎは不眠を招きます。特に、寝る前のスイーツがよくありません。スイーツ女子、スイーツ男子の皆さん、不眠がちじゃありませんか?

スイーツを食べると眠れなくなる理由

なぜスイーツを食べると眠れなくなるのでしょうか? インスリンとアドレナリンが原因です。 ケーキ、タルト、プリン、アイス、和菓子、甘いものを食べると、血液中の血糖値が急激に上昇します。血糖値が上昇するとインスリンが分泌されます。 ↓ インスリンが分泌されると、血糖値が下がります。 ↓ 血糖値が下がり過ぎるのを防ぐために、アドレナリンが分泌されます。 ↓ アドレナリンは、血糖値を上げるだけでなく、脳を興奮させます。脳が興奮すると目が覚めるため眠れなくなります。 ↓ 夜にスイーツを食べることが習慣化してしまうと、夜でも脳が興奮した状態が続き、眠れない原因を作り出します スイーツは甘くて幸せですが、夜遅くにスイーツを食べると、インスリンとアドレナリンの分泌が狂うため、眠れない原因を作りだしてしまいます。甘いものを夜に食べてしまう人は注意しましょう! 次の記事「自分では気づきにくい睡眠障害「睡眠時無呼吸症候群」の原因と治療方法」 前の記事「昼寝が不眠を引き起こす? 知っておきたい正しい睡眠の知識」