異常行動がある睡眠障害

眠っている間に、自分の知らないうちに行動をしてしまう睡眠障害があります。眠りながら行動してしまう夢遊病が有名な例です。その他にも、レム睡眠行動障害、むずむず脚症候群など異常行動が起きてしまう睡眠障害の種類を紹介します。

  • 足がむずむずして眠れない! 「むずむず脚症候群」と「周期性四肢運動障害」

    夜ベッドに入ると足がむずむずしてきて眠れない! といった睡眠障害があります。名前は「むずむず」とつくので可愛らしいですが、高齢者の不眠の原因となりやすい睡眠障害です。今回は、足をむずむずさせるのが特徴の「むずむず脚症候群」と「周期性四肢運動障害」を紹介します。

  • 夜中に叫ぶ「夜驚症」の原因と治療方法

    睡眠中に歩きまわる「夢遊病」以外にも、夜中に叫ぶ「夜驚症」という睡眠障害があります。こちらもノンレム睡眠中の睡眠障害です。では、「夜驚症」を紹介します。 夜驚症 夜驚症(やきょうしょう)は、睡眠驚愕障害ともいい、眠っている途中で、突然、恐怖の叫

  • 死亡事件にもなる危険な睡眠障害「レム睡眠行動障害」

    レム睡眠中に夢の行動を実際にしてしまう睡眠障害「レム睡眠行動障害」があります。危険な睡眠障害で、隣で眠っている人にケガをさせてしまうケースもあります。 レム睡眠行動障害とは レム睡眠行動障害は、レム睡眠中に見ている夢の行動を眠ったまま行動してし

  • 睡眠中に異常行動をしてしまう「夢遊病」の原因と治療方法

    睡眠中に歩きまわる「夢遊病」という睡眠障害があります。眠っている間に異常行動をしてしまうノンレム睡眠中の睡眠障害です。それでは、「夢遊病」の原因と治療方法について紹介します。 夢遊病とは 夢遊病は、睡眠時遊行症といいます。子供に多く見られる症状

1 / 1 1