女性特有の「月経随伴睡眠障害」と「妊娠随伴睡眠障害」の原因と治療方法

女性は、生理により不眠となる場合があります。生理の前後は、イライラしますよね。また、妊娠中は不眠になりやすくなります。女性特有の睡眠障害である「月経随伴睡眠障害」「妊娠随伴睡眠障害」の原因と治療方法を紹介します。

月経前緊張症候群の原因

月経前緊張症候群が起きるのは、生理の始まる約2週間前から排卵と同時に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が原因です。黄体ホルモンは、子宮の内膜を厚くし、妊娠に適した環境を作るホルモンですが。黄体ホルモンは、脳に作用し、自律神経のバランスをくずすため、生理前にさまざまな症状が出てきます。

この黄体ホルモンは、睡眠にも影響します。そのため、夜は眠りにくくなり、目が覚めやすくなります。一方、昼間は眠気が強くなります。この睡眠の変化が、月経随伴睡眠障害の特徴です。

黄体ホルモンは、眠る前に多く分泌させるメラトニンの分泌量を減少させます。そのため、眠るまでの時間が長くなり、ノンレム睡眠が減ります。

月経随伴睡眠障害の治療方法

月経随伴睡眠障害の治療するには、乱れてしまった体内時計を元に戻していきます。入眠をサポートする短時間タイプの睡眠薬や、ホルモンバランスを整えることで治療を行います。

月経随伴睡眠障害の症状

月経随伴睡眠障害の患者によくある症状を紹介します。

生理の1~2週間前は、昼間に眠くなる、寝付けなくなる、睡眠の途中で目が覚める、熟睡できない。生理前にめまいがしたり吐き気がし、イライラする、生理痛がひどいなど。これらの症状の女性は月経随伴睡眠障害の可能性があります。

妊娠随伴睡眠障害

女性の場合、妊娠した場合に、不眠になりやすくなります。妊娠初期になると、黄体ホルモンが大量に分泌されます。この時期は、特に眠気が強くなり、不眠となる場合があります。これが、「妊娠随伴睡眠障害」です。

妊娠中期に入ると、黄体ホルモンによる症状は落ち着きます。しかし、妊娠後期になると眠れなくなるケースがあります。胎動、頻尿、腰痛などが原因と睡眠障害になりやすくなります。

出産時期が近くなると、睡眠中に目が覚めやすくなります。産後2ヶ月までは睡眠のリズムは安定しにくくなります。産後2ヶ月後も、子育ての不安や夜泣きなどのストレスが原因で、産後うつによる睡眠障害となることもしばしば。妊娠に関する不眠は、夫や家族からのサポートも大切です。

女性は生理、妊娠が原因による睡眠障害が起こりやすくなります。事前にこれらの睡眠障害を知ることが大切です。

次の記事

「中高年の女性に特有の「更年期障害」による睡眠障害の原因と治療方法」

前の記事

「足がむずむずして眠れない! 「むずむず脚症候群」と「周期性四肢運動障害」」

    
コメント