中高年の女性に特有の「更年期障害」による睡眠障害の原因と治療方法

40〜50代で閉経を迎える時期を、更年期といいます。更年期障害という言葉をよく聞くと思いますが、様々な症状があり、その中に不眠になる症状があります。今回は、更年期障害に関する睡眠障害の原因と治療方法を紹介します。


更年期障害とは

頭痛
疲れやすい
冷え
動悸
眠れない

こんな症状はありませんか? 閉経前後数年間を更年期といいますが、この時期には様々な症状が起きます。卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に低下することで、自律神経のバランスがくずれ、血管運動神経症状と言われるのぼせ、ほてり、発汗などの症状とともに、不眠の症状も起こります。

また、更年期には子供の独立、夫の定年、両親の介護など、さまざまな心理的ストレスが生まれます。ストレスは自律神経に直接影響を及ぼすため、エストロゲンとともに、更年期障害を悪化させます。

更年期障害の不眠症状

更年期障害の睡眠障害は、入眠困難、中途覚醒が起きやすくなります。また、閉経後に睡眠時無呼吸症候群が発症することもあります。これは、呼吸中枢の機能を正常に維持する働きのある女性ホルモンであるプロゲステロンが減少することによります。

更年期障害の睡眠障害の治療方法

更年期障害は、時間とともに治るのが一般的です。ただ、症状が長引いたり、辛い場合は、病院で診療を受けましょう。

次の記事

「トイレで何度も起きてない? 「夜間頻尿」の原因と治療方法」

前の記事

「女性特有の「月経随伴睡眠障害」と「妊娠随伴睡眠障害」の原因と治療方法」

    
コメント