眠気が強い睡眠障害

昼間の眠気が強くなるタイプの睡眠障害があります。特に睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーは危険な睡眠障害です。眠気が強くなる睡眠障害の種類を紹介します。

  • 「特発性過眠症」による睡眠障害。ナルコレプシーとの違い

    夜はたくさん眠っているのに、昼間も眠い。もしかしたら、その強い眠気「特発性過眠症」かもしれません。 特発性過眠症とは 特発性過眠症は、持続的および反復的に日中過度の眠気が生じ、長時間眠ってしまう睡眠障害です。眠気を感じた後、睡眠をとらないと意識

  • 起立性調節障害、低血圧症の原因と治療方法

    思春期の子供が朝起きられない場合、起立性調節障害の可能性があります。また、起立性調節障害の子供が成長すると低血圧症になる可能性があります。起立性調節障害、低血圧症の原因と治療方法について紹介します。 起立性調節障害 起立性調節障害は、主に思春期

  • 眠り病「ナルコレプシー」の原因、治療方法

    ナルコレプシーは、急に眠ってしまったり、喜んだ時に急に倒れこんでしまったりする危険な睡眠障害です。眠気がコントロール出来ないため、大きな事故を起こす可能性もあります。それでは、ナルコレプシーの特徴、原因、治療方法を紹介します。 ナルコレプシーとは

  • 自分では気づきにくい危険な睡眠障害「睡眠時無呼吸症候群」の原因と治療方法

    自分では気づくにくく危険な睡眠障害が「睡眠時無呼吸症候群」です。居眠り運転の原因にもなり、国土交通省が注意をよびかけているほどです。それでは、「睡眠時無呼吸症候群」の原因と治療方法について紹介します。 睡眠時無呼吸症候群とは 睡眠時無呼吸症候群

  • 眠っているつもりが熟睡できていない? 熟睡障害3つのタイプ

    睡眠障害には、長時間しっかり眠っているつもりでも、熟睡感が得られない睡眠障害があります。それが、熟睡障害です。 熟睡障害とは 熟睡障害は、7~8時間の十分な睡眠を取っているにもかかわらず、ぐっすり眠ったという熟睡感が得られないことをいいます。

1 / 1 1