睡眠時間

睡眠時間は、年齢や人のタイプによって変化します。睡眠タイプ別の理想の睡眠時間や、睡眠不足のデメリット、寝だめはできるか? など睡眠時間に関する様々な情報を紹介します。

  • 体が小さいほど長く眠る? 睡眠時間を決める生物学的要素とは

    猫を飼っているといつも眠っていませんか? 実際に猫は1日15時間ほど眠っています。なぜ、こんなに長い時間眠るのでしょうか? 睡眠時間を決める生物学的要素を紹介します。 寒いと長く眠る? 冬場の餌の少ない時期に動き回ると、体力を余計に消耗し、餓死

  • 40年間眠らない男が存在? 目を閉じ横になり休息をとることが大事?

    1日徹夜するだけですごく眠いですよね。でも、40年間眠らなかった男が存在していることを知っていますか? なぜ、40年間眠らなくても平気だったのでしょうか? 40年間眠らない男 キューバに住むトマス・イスキエルドという男性は、13歳のときに、眠る

  • 睡眠時間からわかる成功のルール! ショートスリーパーには成功者が多かった!

    睡眠時間から、その人が成功するかどうかがわかります。もしも、あなたがショートスリーパーであれば、成功する確率はかなり高いでしょう。 ショートスリーパーとは 毎日6時間未満しか眠らなくても、日中の活動に影響のない人をショートスリーパーと呼びます。

  • 白熱電球を発明で睡眠時間を短くした張本人「エジソン」

    人間の睡眠時間を大きく変化させた人を知っていますか? それは、白熱電球を発明したエジソンです。それまでは、ろうそくやアルコールランプなどの照明はありましたが、昼間のように明るくはありませんでした。 しかし、白熱電球の登場によって、夜でも昼と同じような生活

  • 寝だめはできる!? 寝だめできるケース、できないケース

    仕事が激務で毎日睡眠不足。休日は1日中眠って寝だめしたい人は多いですよね? 実際に寝だめにより睡眠時間を確保することができるのでしょうか? 実は、寝だめには、2種類あり、寝だめができるケース、できないケースがあるんです。 寝だめの種類 実は寝だ

  • 睡眠時間が短いと太りやすくなる理由

    睡眠時間が短いと太りやすくなります。それは、肥満を増加させるホルモンが原因です。なぜ、睡眠時間が太りやすくなるのか、その理由を紹介します。 睡眠時間が足りないと太りやすくなる理由 睡眠時間が足りない人は、夜遅くまで仕事やテレビなどで起きているこ

  • 年齢とともに睡眠時間が変化する理由

    睡眠には、1日に何度も眠る「多相性」と1回しか眠らない「単相性」の2つのタイプがあります。生まれたばかりの赤ちゃんは、1日中寝たり起きたりしている「多相性」です。 しかも、睡眠時間は1日16時間ほどです。しかし、大人になると平均睡眠時間は7時間ほどとなり

  • 最適な睡眠時間は8時間? 睡眠タイプ別の理想の睡眠時間を知ろう!

    人に最適な睡眠時間は8時間と言われていますが、本当でしょうか? 実は、その人の生まれつきの睡眠タイプによって最適な睡眠時間は変わってきます。それでは、バリュアブルスリーパー、ショートスリーパー、ロングスリーパーの理想の睡眠時間を紹介します。 8時

  • 仕事が忙しくて睡眠不足…ハードワーカーが睡眠時間を確保する方法

    夜眠れない人が増えています。特に夜遅くまで仕事をしている人はなかなか決まった時間に睡眠をとることが難しいですよね。しかし、健康を維持するためには、睡眠時間を確保することが大切です。では、どうすれば、睡眠時間を確保することができるでしょうか? 寝る

  • 睡眠不足による健康への悪影響

    睡眠不足になると、 記憶力の低下 老化 太りやすくなる 病気になりやすくなる など健康に様々な悪影響を与えます。睡眠不足によって健康にどれだけのデメリットが生まれるのかを紹介します。 1. 記憶力の低下 睡眠不足になると、レム

1 / 1 1