最適な睡眠時間は8時間? 睡眠タイプ別の理想の睡眠時間を知ろう!

人に最適な睡眠時間は8時間と言われていますが、本当でしょうか? 実は、その人の生まれつきの睡眠タイプによって最適な睡眠時間は変わってきます。それでは、バリュアブルスリーパー、ショートスリーパー、ロングスリーパーの理想の睡眠時間を紹介します。


8時間説の真偽

まず、なぜ人に最適な睡眠時間は8時間と言われているのでしょうか? それは、統計データの平均睡眠時間が7〜8時間だったことから、8時間が理想的な睡眠時間と言われるようになりました。確かに全体平均で見ると7〜8時間が平均の睡眠時間ですが、その人の睡眠タイプによって最適な睡眠時間は変わります。

睡眠時間3つのタイプ

睡眠時間には個人差があり、3つのタイプがあります。バリュアブルスリーパー、ショートスリーパー、ロングスリーパーです。

1. バリュアブルスリーパー

人類の約80%がバリュアブルスリーパーです。睡眠時間は6〜9時間です。多くの人がバリュアブルスリーパーなので、8時間説もあながち間違えではありません。

2. ショートスリーパー

人類の約10%がショートスリーパーです。6時間未満の睡眠で、健康的に生活をすることができます。

3. ロングスリーパー

人類の約10%がロングスリーパーです。9時間以上の睡眠をとらないと、頭がうまく働かなかない、情緒が不安定になってしまいます。

自分に最適な睡眠時間を!

最適な睡眠時間は、タイプによって変化します。一番大切なのは、自分がどのタイプの睡眠を取っているのかを知ることです。ロングスリーパーの人が、睡眠時間を短くして睡眠不足になったり、ショートスリーパーの人が長時間睡眠をとって、逆に疲れがとれなくなったりと様々なデメリットが生じてしまいます。

このように、最適で理想の睡眠時間はひとによって異なります。確かに統計上の平均時間は7〜8時間になりますが、自分の睡眠タイプを知り、最適な睡眠時間をとるようにしましょう!

次の記事

「年齢とともに睡眠時間が変化する理由」

前の記事

「ヨーロッパ旅行の時差ぼけの対策! 西回りの時差ぼけ解消法」

    
コメント