睡眠時間からわかる成功のルール! ショートスリーパーには成功者が多かった!

睡眠時間から、その人が成功するかどうかがわかります。もしも、あなたがショートスリーパーであれば、成功する確率はかなり高いでしょう。


ショートスリーパーとは

毎日6時間未満しか眠らなくても、日中の活動に影響のない人をショートスリーパーと呼びます。成功者にはショートスリーパーが多いと言われています。人類の10%が、ショートスリーパーと言われています。

ショートスリーパーの有名人

ナポレオン、エジソン、織田信長、明石家さんまなどがショートスリーパーだと言われています。ショートスリーパーは、1日9時間以上の睡眠が必要なロングスリーパーよりも成功者が多いのが特徴です。

ショートスリーパーの特徴

ショートスリーパーの人は、短期、勝ち気です。ショートスリーパーの織田信長は、短期で有名です。織田信長を殺した明智光秀は、信長から多くの叱責を受けた怒りから本能寺の変を起こしたとも言われています。また、エジソンは1日16時間も仕事をし、発明の権利をライバルに奪われまいと、すぐに裁判を起こし「訴訟王」とも呼ばれていました。

こうした性格を持つショートスリーパーは、脳卒中や心筋梗塞など、循環器系の病気にかかりやすい特徴を持っています。

ロングスリーパーでも成功は可能ですが…

6時間以上の睡眠をとると、成功はできないというわけではありません。9時間以上眠るロング・スリーパーの中にも、成功した人物はいます。特に、アインシュタインは、ロングスリーパーとして有名です(それ以外の例が少ないですが…)。ただ、ロングスリーパーの成功者は正直、ショートスリーパーほど多くはありません…

ロングスリーパーの特徴

ロングスリーパーの人は、おとなしく、内向的で完璧主義、ストレスをためやすい性格です。アインシュタインは、1日10時間睡眠を取らないと、うまく頭が働かなかったそうです。学者や芸術家に多いタイプなのがロングスリーパーです。

こうした性格を持つロングスリーパーは、うつ病や神経症などの精神疾患、癌になりやすいと言われています。

どうやってもショートスリーパー圧勝状態です。ただ、ロングスリーパーの人でも科学や芸術分野なら成功するケースもあるかもしれません。しかし、いかに多くの時間を使えるかが勝負の現代ビジネスではショートスリーパーが成功しやすいといえます。ショートスリーパーのあなた、勝ち組かもしれません。

次の記事

「40年間眠らない男が存在? 目を閉じ横になり休息をとることが大事?」

前の記事

「白熱電球を発明で睡眠時間を短くしたエジソン」

参考リンク

「ショートスリーパーとロングスリーパーの睡眠時間が違う理由」

    
コメント