40年間眠らない男が存在? 目を閉じ横になり休息をとることが大事?

1日徹夜するだけですごく眠いですよね。でも、40年間眠らなかった男が存在していることを知っていますか? なぜ、40年間眠らなくても平気だったのでしょうか?


40年間眠らない男

キューバに住むトマス・イスキエルドという男性は、13歳のときに、眠ることができなくなったまま、40年間、まったく眠っていないと言われています。これまで、40人もの医師が、彼の治療にかかわってきたが、どの治療法も、彼を眠らせることはできませんでした。

16年間彼の治療に携わってきたキューバでもっとも権威のある精神科医によると、薬物療法をはじめ、さまざまな方法を試みたが、彼を眠らせることはできなかったと言います。2週間近い入院の間にとられた24時間の脳波検査でも、記録された脳波は、完全な覚醒パターンを示していました。

その医師によると、イスキエルドの不眠症は、脳炎にかかった後遺症で始まったとされていますが、イスキエルド自身は、死の恐怖が強まり、眠るのが怖くなったことがきっかけだったと言っています。

イスキエルドの夜の過ごし方とは

眠れない夜のイスキエルドの過ごし方は、明け方の3時か4時から、数時間横になって休憩をするだけです。

しかし、イスキエルドのように、重度の不眠にもかかわらず、元気に暮らしているという「健康的不眠症」のケースが、ときどき報告されています。1日1、2時間の睡眠、それも浅い眠りしかとれないというケースが多いですが、イスキエルドのように、ほとんど眠らないというケースもあります。

40年間眠らない男は本当に存在したのです。イスキエルドからわかることは、「不眠であったとしても目を閉じ横になって休息をとる」ことが大切だということです。眠れない夜は、目を閉じ横になるようにしましょう。

次の記事

「体が小さいほど長く眠る? 睡眠時間を決める生物学的要素とは」

前の記事

「睡眠時間からわかる成功のルール! ショートスリーパーには成功者が多かった!」

参考本

「人はなぜ眠れないのか(岡田尊司)」

    
コメント