体が小さいほど長く眠る? 睡眠時間を決める生物学的要素とは

猫を飼っているといつも眠っていませんか? 実際に猫は1日15時間ほど眠っています。なぜ、こんなに長い時間眠るのでしょうか? 睡眠時間を決める生物学的要素を紹介します。


寒いと長く眠る?

冬場の餌の少ない時期に動き回ると、体力を余計に消耗し、餓死する危険性が高くなります。また、寒いと体を温かく保つために余分のエネルギーを必要となるため、寒い地域で暮らす動物は、長く眠る傾向があります。

一方、温暖な地域で暮らす動物は、短い睡眠の傾向があります。人間も、夏場は睡眠が短くなり、冬場は睡眠が長くなる人がいます。もちろん、例外もいます。

熱帯である南米の密林に暮らすナマケモノは、1日20時間も木にぶら下がって眠ります。さらに、行動はゆっくりで、体温も低く、余分なエネルギーを使っていません。体長数十センチという小柄な動物ですが、30年以上生きます。

体が小さいと長く眠る?

体が小さいほど、体重に比して体の表面積が大きく、熱が逃げていきやすいため、体重比でみた必要カロリーが高くなります。赤ちゃんの平熱が高く、絶えず哺乳しなければならない理由もこのことが原因です。小さい動物ほど、エネルギー効率が悪いため、絶えず食べ続けるか、たくさん眠る必要があります。

馬や牛など体が大きい動物は1日3時間しか程度しか眠らないですが、ネズミが13時間、猫が15時間も眠るのは、体の大きさの違いが大きいからといわれています。

草食動物の眠りは短い

草食動物はカロリーの摂取効率が悪いため、一日中植物を食べ続けなければいけません。また、肉食動物の警戒をするため、肉食動物よりも睡眠時間が短くなっています。象が2〜3時間しか眠らないのは、体の大きさと草食動物だからです。

肉食動物の眠りは長い

一方、ライオンが15時間以上も寝ていられるのは、肉食であることと、天敵に襲われる心配がないからです。

このように、生物の睡眠時間の長さには、気温、体の大きさ、食べ物の違いなど、様々な生物学的要素が影響しているのです。

次の記事

「なぜ人は眠るのか? 睡眠が必要な理由」

前の記事

「40年間眠らない男が存在? 目を閉じ横になり休息をとることが大事?」

参考本

「時間の分子生物学(粂和彦)」

    
コメント