大切な勝負の前日に眠れない人のための「睡眠不足」を利用した睡眠術!

明日は大切な発表会がある! だけど眠れない…ということはありませんか? 明日が大切であればあるほど興奮して眠れないものです。そんなときにおすすめの睡眠術があります。あえて「睡眠不足」を作り出すのです。


大切な明日ほど興奮して眠れない

人は「明日こそ勝負」と意気込むほど、興奮して眠れなくなります。たとえば、仕事で、翌朝9時から大事なプレゼンテーションが控えているとします。朝6時に起きて準備しないと間に合わないという状況になると、いつもは12時に眠れている人でも深夜の2時、3時までベッドで悶々と過ごすことがあります。結局、1、2時間しか眠れなかったり、徹夜する羽目になったりと、そんな状態で臨むプレゼンがうまくいくかは疑問です。

ポイントは「前々日の眠り」

そうした勝負の前の日の眠りを良くするポイントは、じつは「前々日の眠り」にあります。

睡眠不足を作り出す

心地良い眠りを引き出すポイントは、「睡眠不足」にあります。徹夜をした翌日は、誰でもすぐに眠れますよね。

勝負の前日を睡眠不足で迎えると、脳が興奮していても、いずれ眠りに落ちます。そのために前々日の睡眠を少し犠牲にするのです。プレゼンテーションがあるなら、前々日に遅くまで資料を作り、入念な予行演習を繰り返すなりして、普段よりも2~3時間遅くまで起きています。

すると、前日は睡眠不足気味なので、ベッドに入るとすぐ眠れます。前日に眠れないという心理的な背景には、「このプレゼンに失敗したらどうしよう」という不安やマイナス思考が隠れています。しかし、前々日に準備に精を出すと失敗する危険が減り、「これだけやったのだから大丈夫」と不安感が抑えられて余裕が生まれ、ますます寝つきが良くなります。

眠りは連続しているという感覚を持つことが大切です。睡眠を1日で考えるのではなく、何日かのスパンで調整するという考え方が大切です。早く眠りたい日の前々日をわざと睡眠不足にしましょう。そうすれば、大切な勝負の前日に眠りやすくなります!

次の記事

「中学、高校、大学受験をするときに最低限必要な睡眠時間は? 成長と勉強を両立させよう!」

前の記事

「眠れない人必見! 「頭の中の独り言」を「アー」で止めよう!」

参考リンク

「睡眠調整法」

参考本

「眠れない人がぐっすり眠れる本(鴨下一郎)」

    
コメント