寝酒は睡眠障害の原因! アルコールは眠る3時間前までに飲む!

眠る前に寝酒としてお酒を飲む人は多いのではないでしょうか? 実は、寝酒は睡眠の質を下げるため睡眠障害の原因となっています。アルコールとの正しい付き合い方を紹介します。


寝酒は睡眠障害の原因

夕飯のときにワインなどのお酒を適度に飲むのであれば問題ありませんが、眠るためにお酒に頼ると、睡眠障害の原因となります。

日本語で「寝酒」、英語で「ナイトキャップ」という言葉がありますが、お酒のアルコールは、睡眠障害の原因を作り出しています。

アルコールの働き

アルコールは、脳を麻痺させて、緊張を忘れさせてくれます。アルコールはこの「シナプス」と呼ばれる部分を麻痺させ酔っぱらった状態を作り出す。適量であれば、アルコールは気持よくなりストレス解消となります。

アルコールは睡眠の質を低下させる

お酒を飲むと眠りやすくなりますが、睡眠の質が低下します。また、アルコールが脳の機能が低下させているため、深い睡眠が減ります。

中途覚醒になりやすい

また、アルコールを飲んで眠ると途中で目が覚めやすくなります(中途覚醒)。また、アルコールには利尿作用があるため、何度もトイレで起きます。しかも、呼吸をするときにアルコールが蒸発して、体内の水分を奪うため、水が飲みたくなり眠っている途中で何度も起きてしまいます。

アルコール依存症になることも

さらに、寝酒が習慣化すると、アルコールへの耐性がつき、眠るために飲むアルコールの量がどんどん増えていきます。アルコールを分解する肝臓には耐性があり、お酒を飲んでいるうちに、徐々にアルコールに強くなるからです。酒量が増えると、最悪アルコール依存症になることがあります。

無呼吸にもなりやすい

睡眠前のアルコールの量が増えれば増えるほど無呼吸になる可能性が高くなります。睡眠中に無呼吸状態になると、脳や身体にも酸素が行き渡らず、脳や身体の疲れを回復効果が弱くなります。

鼻腔と口腔が喉の奥で合わさっている部分を上気道といい、鼻から入った空気は、上気道を通って肺へと入っていきます。しかし、アルコールを飲んで眠ると、この上気道周辺の筋肉が緩んで、気道が狭くなります。いびきは、空気が通るときに、狭くなった上気道が震えて発生します。この気道がさらに狭まってしまうと「無呼吸」となります。

適度な飲酒量とは

適度な飲酒量は「1日アルコール量で約20g程度」です。ビールなら中ビン1本、日本酒なら1合弱、ワインならグラス1杯半程度です。アルコールの代謝速度は、体重60~70kgの人で1時間当たり約7gです。アルコール量20gを飲酒すると、アルコール分解処理が終わるのに約3時間かかります。人によっては、アルコールを分解する酵素が弱いため、アルコール分解処理にもっと時間がかかる人もいます。

アルコールは眠る3時間前までならOK

このように適正な量のアルコールであれば、眠る3時間前までなら飲んでも構いません。3時間経過すればアルコールがすべて分解されているからです。

アルコールは、容量用法を守った上で楽しく飲みましょう!

次の記事

「タバコが眠れない原因? 就寝1時間前はタバコを吸うのはやめましょう!」

前の記事

「19〜21時は眠ってはいけない時間帯!? 眠れない「睡眠禁止帯」に睡眠はNG!」

    
コメント