タバコが眠れない原因? 就寝1時間前はタバコを吸うのはやめましょう!

コーヒーよりも眠れない原因を作り出すものがあります。それは、タバコです。なぜ、タバコが眠れない原因となるのでしょうか?


ニコチンは眠気覚ましになってしまう

タバコに含まれるニコチンには、気持ちを落ち着かせてリラックスさせる効果と、刺激によって目を覚ます効果があります。しかし、この目を覚ます効果によって、喫煙者は、タバコを吸わない人よりも睡眠時間が短く眠りの質が悪くなります。

また、喫煙者は吸わない人よりも寝つくまでの時間が長くかかり、睡眠時間が短くなります。さらに、睡眠の質も低くなります。

また、タバコを吸う人は、吸わない人よりも無呼吸症候群になりやすくなります。

眠る1時間前からタバコはやめる

でも、タバコを吸うのは個人の自由です。そこで、タバコを吸う人は、夜眠る1〜2時間前にはタバコを吸うのはやめましょう。

このように、タバコは睡眠への悪影響が多くなります。禁煙するのがベストですが、タバコを吸う人は、最低でも眠る1時間前からはタバコをやめましょう。

次の記事

「睡眠改善に効果的な漢方薬」

前の記事

「寝酒は睡眠障害の原因! アルコールは眠る3時間前までに飲む!」

    
コメント