夏と冬に眠りにくくなる理由

夏は暑くて眠りにくい。
冬は寒くて眠りにくいです。
なぜ、人は暑くても寒くても眠りにくくなるのでしょうか? 夏と冬に眠りにくくなる理由を紹介します。


睡眠と体温の関係

夏と冬に眠りにくくなる理由は、生物レベルまでさかのぼります。生物には、変温動物と恒温動物がいます。

トカゲなどの変温動物は、外の温度が下がると連動して体内の温度も下がり、活動ができなくなります。冬になると虫は少なくなるのは寒くて動くことができないのです。

一方、人は恒温動物です。外の温度が下がっても体温を保つため、気温が下がっても活動することができます。では、恒温動物の温度が下がるときはどんなときでしょうか? それは眠るときです。

体温が下がると恒温動物は眠くなる

恒温動物は脳と体の疲れがたまると、体内の熱を下げ、眠りに入り疲れを取ります。そのため、疲れがたまる夜になると、体内時計が睡眠への準備を始めます。すると、手足の温度を上げて、外に熱を逃がそうとします。夏と冬はこの体温を下げる働きがうまく働かなくなるために眠りにくくなるのです。

夏は暑くて眠りにくい

日本の夏は、気温と湿度が高く、外の温度と体内の温度が近いため手足から熱がうまく放出されません。効率的に熱を逃がすことができないため、体内温度が下がりにくく、眠りにくくなるのです。

冬は寒くて眠りにくい

日本の冬が眠りにくいのは、外の温度が低く寒いため手足の末梢血管が縮んで、熱を逃しにくくなるからです。冷え性の人は特に手足が冷たくなるため、さらに眠りにくくなります。

夏と冬に眠りにくくなるのは、外の温度と体内の温度の関係から眠りにくくなります。すぐに眠るためには効率的に体内の熱を逃すことが出来るように、エアコンなどで温度管理を調節しましょう。夏は温度を下げ、冬は事前に部屋を暖めておきましょう。

「睡眠カテゴリの記事」の詳細を調べる

    
コメント