夜のメールチェックはコーヒー2杯分の悪影響!? 眠れない原因を作る夜のメール

寝る前にメールをチェックすると、眠れなくなることは、イギリス・エディンバラ睡眠センターのクリス・イジコフスキ博士の研究結果で証明されました。眠る前にメールを見ると眠れなくなる原因を紹介します。


眠れない原因を作る夜のメール

眠る前にパソコンや、携帯電話でメールを確認することは、ビジネスパーソンなら誰でもやっていることです。1日の締めくくりとして習慣にしている人も多いでしょう。ところが、これが「眠ろうとする脳」には、とても悪い行動パターンであり、快眠を妨げてしまいます。

眠る前に、脳の中では、睡眠ホルモンであるメラトニンがつくられ、眠気を増していきます。しかし、携帯電話などで、メールを確認するだけで、メラトニンの分泌が中断されてしまいます。原因はディスプレーの光です。携帯やパソコンからの光が脳を刺激し、メラトニンの分泌をストップさせるのです。テレビから出る光も同様で、脳を刺激し、寝つきを悪くします。

夜のメールチェックは「エスプレッソ2杯分」の悪影響

夜のメールチェックメールも眠れない原因を作り出します。睡眠を妨げる大きな原因であるストレスとなるからですです。仕事関係のメールを見ただけで、「エスプレッソ・コーヒーを2杯飲んだ場合と同じくらいの興奮状態」になります。しかも、メールにはいいことばかりが書いてあるわけではありません。

納期、締め切り、商談失敗などマイナスなメールを見ると、憂鬱になり交感神経を刺激してしまいます。眠る1時間は脳に刺激を与えることを極力避け、メールは見ないようにしましょう!

夜のテレビ、パソコン、ゲームもやめよう

夜のテレビ、パソコンは眠れない原因となるので眠る1時間前には見ないようにしましょう。また、眠りながらスマホやポータブルゲーム機でゲームをするのはやめましょう。ゲームに熱中するため眠れなくなります。

眠れない人に限って、眠る前までメールを見ています。最近ではLINEなどで簡単にメッセージのやり取りもできてしまいます。ただ、眠るためには1時間前からメールやLINEを見るのはやめるようにしましょう。

次の記事

「眠れない夜のための2つの寝室改善! 眠る以外に寝室は使わない+寝室で考えない!」

前の記事

「眠りたいのに眠れない…眠る2時間前のリラックスが大切!」

    
コメント