汗をかくのは健康の証 猛暑の中で健康になろう

今年の夏も35度以上の真夏日が続き、冷たい飲み物や帽子、日傘が手放せません。何をやっても汗をたっぷりかいてしまうので一日クーラーの下。それなのに冷房で身体を壊してしまったり、これじゃ踏んだり蹴ったりですよね。だけど汗をかくのは夏だからこその健康法と言えるかも。汗かきが身体にいい理由を確かめてみましょう。


■汗をかくことで代謝が上がる

人間は発汗を伴う活動で代謝を上げています。代謝熱で深部の内臓を温めることで、免疫力をアップさせているのです。同時に、熱を汗として放出することで、脳の温度も安定させているのです。

■汗の種類も重要

汗にもいい汗というものがあります。肌の上ですぐに乾き、小粒で限りなく水に近いものはいい汗と言えるのだそうです。

■たくさん汗をかくことは、やっぱり健康の証

 

汗をかくことは身体の毒素を排出する、いわゆるデトックス効果で、新陳代謝を高めるアンチエイジング効果があります。また、いい汗には異物をキャッチする力もあるので免疫力も高まるなど、いいことづくし。体温も下がるので不眠症にもなりにくいとか。

■いい汗をたくさんかくには?

厳しい暑さではありますが、できるだけクーラーに頼らないよう意識しましょう。もちろん水分はしっかりとって、熱中症には十分注意してください。そして、冷たい物を飲み過ぎずに温かい飲み物を飲んだり、身体を冷やす野菜は避けて食べたりといった食習慣も気をつけて。ウォーキングや筋トレで汗をかきやすい体質を作っておくのもいいそうです。

冷房と外の暑さの温度差を感じると、身体がだるくなったりしてしまいますよね。暑さに慣れて、汗をかくようにして、夏に負けない身体づくりを心がけましょう。

「暑さに負けないクールダウン健康法 (五味常明)」の詳細を調べる

    
コメント