片付けられないあなたのための汚部屋脱出方法

いつかやろうと思っていても面倒くさがったり、時間がなかったり……とついつい先延ばしにしてしまう部屋の掃除。部屋の乱れは心の乱れということで、片付けられない女性、特に主婦の場合には部屋が汚いせいで、余計な問題を引き起こしてしまうこともあるかもしれません。ズボラな人が部屋を片付けるように習慣化するにはどうしたら良いのでしょうか。


■楽しく片付けを行うために

部屋の片付け・整理に楽しさを見出せるようになれば、部屋は自然と片付きます。

そのためには、2つのことを意識してみましょう。

  • 無理せず、無駄なく片づける流れを定着させる
  • ズボラで、ラクチンな方法を覚える

■無理と無駄のない片付け方

無理と無駄がない部屋の片付け方には、4つのステップをふみます。

まず、モノを処分するということ。今すぐいらないものだけでなく、「いつか使うかも」というものも結局使わないから思い切って捨ててしまいましょう。次に、モノの定位置を決めましょう。つまり、モノの大雑把な住所を決めておくのです。「これはここに置く」ということを決めるだけで、紛失も少なくなります。そして、しまい方を決めましょう。ただ置いておくのではなく、かごや棚に入れておくだけでもスッキリとして印象になります。

最後に、キレイな部屋をキープするだけです。余計なモノを増やさず、増えたら捨てるということを心がけましょう。

ズボラかつ、ラクチンな片付け方

ズボラで簡単に片付けたい人にオススメしたいのが「ついで」片付けを実践することです。「とりあえず」や「ついで」といったように、普段の生活の中で片づけを実践してみましょう。気張って「いざ片付けをしよう!」という気持ちを持たずに、移動する「ついでに」、モノを片付けてみましょう。

部屋の片付けはどうしてもめんどくさなってしまいがちなもの。出来ることから実践してみてはいかがでしょうか。

「汚い部屋から今度こそ絶対抜け出す本(村越克子,笠原恭子)」の詳細を調べる

    
コメント