ときめかないなら捨てる! 人生がときめく整理法

まだまだ話題の断捨離。単なる片づけ術を通り越して、不要なものを捨ててシンプルに生きるという、一種のライフスタイルの提案としても、広く受け入れられています。そこで今回は、断捨離と似ていながらも、一味違った整理法として、モノを触って「ときめくかどうか」を基準にした整理法を紹介します。


■まずはじめに

片付けでやるべきことは2つ。モノを捨てるかどうか見極めることと、モノの定位置を決めることです。モノを捨てる前に「理想の暮らし」を具体的に考えてみてください。このステップを飛ばすと、片付けの進み具合の低下、リバウンド率の上昇に繋がります。

■判断基準はときめき

捨てるものは触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうかで判断します。モノ一つ一つ手にとり、ときめくモノは残し、ときめかないモノは捨てるのです。

■思い出の品の片づけ方

片づけにあたり注意が必要なのは、「思い出の品」というもの。これから手をつけると必ず失敗します。スムーズに捨てるために、思い出の品は最後に手をつけましょう。実家を思い出の品の避難場所にするのはNGです。

■そのモノに役割はあるか

捨てられないと思ったときは、モノに対して1つ1つその本当の役割を考えてあげましょう。そして役割を終えたモノは、捨ててしまいましょう。

■衣類の片づけ方

家にあるすべての服をまず床に並べ、1つずつ触って判断します。「捨てられないから部屋着に」はNGです。ここでもときめかないなら、徹底して捨てましょう。

■本の片づけ方

触ったときにときめくかで判断。中身は見てはいけません。読み返さない未読本や、途中まで読んでそのままの本は捨てましょう。

どうでしたか。なかなかシビアな部分もありますが、片づけが苦手な人も、一度試してみる価値のある整理法ですよ。

「人生がときめく片づけの魔法(近藤 麻理恵)」の詳細を調べる

    
コメント