掃除のシステム化

少し前に、休日を半日つかって掃除をしたはずの家。それでも、あっという間に散らかったり、汚れたりしてきます。現在では、掃除にゆっくりと時間をかけることのできる人は少なく、老若男女問わず、効率よく、きれいに保つ工夫をすることが必要です。


洗剤を厳選する

トイレ、お風呂、窓ガラスなど場所ごとに多くの種類の洗剤を使い過ぎていませんか。

洗剤の使い過ぎは地球環境の観点からも好ましくありません。洗剤の種類が多すぎると、その保管にスペースをとりますし、用途別に洗剤を取りかえていると掃除中の作業手順が増えてしまいます。

汚れをためなければ、強力な洗浄力の洗剤を使う必要はありません。水や重曹、クエン酸、石鹸などで十分に対応できます。

汚れをためないシステムを作る

まず、掃除を毎日するそうじ、週に1度するそうじ、月に1度するそうじ、季節ごとにするそうじなどに分類します。

例えば

  • 毎日する掃除:トイレ、オフロ、台所、玄関などを簡単に掃除。掃除機をかける。
  • 週に1度:曜日ごとにトイレ、オフロ、台所、ベランダ、リビング、寝室などをそれぞれ丁寧に掃除します。
  • 月に1度:窓ふき、換気扇の掃除
  • 季節ごとに掃除:外回り、エアコンの掃除

などと設定します。

自分の作ったシステムに沿って掃除をしていくと、汚れがたまりにくくなります。

作業の動線を意識

行き当たりばったりに掃除をしているだけでは、家の中をウロウロして終わってしまいます。

毎日の掃除では、作業のスタート地点をどこにするかを考えます。何度も一階と二階を行ったり来たりすることのないよう、手順を決めます。

掃除機の場合は延長コードをつけて、一度、スイッチをオンにしたら、全部屋に掃除機をかけてしまうとラクです。

掃除をしやすい家に

いくら汚れをためないように計画を練っても、掃除の効率化を妨害するものがあります。

それは家の中が散らかっていることです。

床の上に衣類や本などが置いたままになっていると、掃除機をかけることはできません。
作業がマイナスから始まることになります。

持ち物を増やさないように気をつけることと、疲れていても、一日のうち夜寝る前などの決まった時間にテーブルの上の散らかっているものを決まった場所に戻ることが大切です。

そうすれば、掃除がスムーズにすすめられます。

春は掃除に適した季節です。どのくらいの掃除間隔でキレイを保つことができるのか、記録してみるのもいいかもしれません。

「シンプルライフをめざす基本のそうじ」の詳細を調べる

    
コメント