学習方法

勉強方法、本の読み方、英語学習など、勉強に役立つ学習方法を紹介しています。

  • 英語の本が読まれている国は?

    英語の本はどの国で読まれているでしょうか。英語の出版点数が第一位の国はアメリカです。それでは第二位はどこでしょうか。

  • ニッチを目指すクリエイティブ論

    何かクリエイティブなことがしたいけれども、誰しもに訴えかけるようなエンターテイメントはなかなかできそうにない。どうすればいいのだろうかといった思いを抱いている人は少なくないでしょう。そうした人におすすめなのが岡宗秀吾による『煩悩ウォーク』(文藝春秋)です。

  • 頭のいい人の本棚とは?

    本棚は、その人の思考遍歴を映し出す鏡であるとも言われています。本棚を見ればその人がどのようなことを考え、どのような読書遍歴を辿ってきたのか、といったことがおぼろげながらにも見えてくるでしょう。

  • 古本探しは「日本の古本屋」がおすすめ

    古本を探す時にどのような手段を使っているでしょうか。大手の新古書店チェーンの通信販売サイトや、あるいはオークションサイト、Amazonなどがよく知られていますね。しかしながら、ベストセラーなどの本は割合手に入ったとしても、幻の一冊はなかなか手に入りにくいのが実情です。

  • 本でお悩みを解決?

    悩みは誰しもが持っているものです。はたからみればなんてこともない悩みであったとしても、当人にとってみれば深刻な悩みであったりすることもしばしばです。それだけ悩みというのは多種多様な個性を持っているとも言えるでしょう。

  • 奥深き古本趣味の世界

    古本屋めぐりが趣味という人は、デジタル全盛の現代にあっても一定数います。人はなぜ古本屋へ行くのでしょうか。さらに断捨離といった言葉とは無縁の、読むはずのない本をなぜ積み重ねていくのか。そうした奥深い古本趣味の世界を描いた良作がカラサキ・アユミによる『古本乙女の日々是口実』(皓星社)です。

  • 英単語の語源を知る

    英単語はどのようにして覚えるでしょうか。アルファベットの文字列を追いながら、同時に意味を理解している人がほとんどではないでしょうか。それはまさしく暗記という作業そのものだとも言えるでしょう。

  • タイ語とラオス語の関係

    タイ語とラオス語は近しい関係にあると言われています。特別な学習を必要とせず、双方の人々が意思疎通できる言語とされていますが。どのような関係性があるのでしょうか。

  • 知の体力とは何か?

    仕事や勉強はもちろん、生きるために体力は必要なものです。やはり何があっても体力が第一にあると考えられるでしょう。しかしながらこの体力というものは、必ずしも肉体、フィジカルに接続されるものばかりではありません。頭の体力というべきものも、時には重要になってくると言えるでしょう。

  • 言語習得、難しい言葉は?

    外国語を学習するにあたって習得が容易な言語と難しい言語があります。英語を話す人が外国語を習得する場合にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

  • 「必読書150」とはなにか?

    現在、教養といったものは、ほとんど注目されることがなくなりました。大学生であるからといってなにか難しい本を読まなければいけない、古典的な名作を読まなければいけないといったオブセッションは、ほとんどなくなってきているのではないでしょうか。それでも、15年ほど前には、そのような教養の残滓というべきものがありました。

  • 写真からアフリカを知る

    アフリカというのは日本からは距離が遠いこともあって、どこか遠い世界であるようで、それほど馴染みのない場所です。しかしながら、そこには私たちの知らないさまざまな魅力がつまっていると言えるでしょう。

  • 自分史エッセイを味わう

    自分史なる分野があります。自分がどのように育ってきて、両親はどのような人か、あるいはどう感じてきたのかといったことをつぶさに整理していくことは、自分を見つめ直す契機となるかもしれません。

  • 日経新聞を読めるようになるには?

    日経新聞、日本経済新聞は社会人の必読新聞だと言われています。就職活動のために目にすることが必要だということもありますが、日経に馴染みがない人にとってはよくわからないでしょう。かねてより日経新聞が読めるようになれば、一応は会社員として一人前だとも言われています。

  • 読書は荒野である

    読書とはどのような目的で行われるものでしょうか。ある人にとっては勉強をして新しい知識を得るためともあるでしょう。あるいは、ちょっとした余暇にファンタジー小説を読んで空想の世界にふけることもあるでしょう。書籍に記された内容においては想像力の自由がそこには吹き込まれているからです。さらに、きわめつけには読書とは荒野を開拓していく意味もあるでしょう。眼の前にある知識の膨大な壁に挑んでいく、さらには今生きている人間ばかりではなく死者との対話さえ可能な読書の快楽は確かにあるでしょう。

  • 王道の勉強法に学ぶ

    勉強法というのは、それぞれが自己流にやるものですが、ある程度の共通項もあります。やはり、時間をかけてればそれだけ充実していくことは確かでしょう。勉強法においては、横道よりも王道を選んだ方が良いと言えるかもしれません。

  • メモ術と記憶術は一心同体

    つぶさにメモを取る人は、記憶力がいいと言われています。実際に手を動かしてメモをとることによって、五感から記憶を定着させていくのです。

  • 整形で顔が変わったら身分証は?

    素朴な疑問として、整形手術を受けて顔が変わった場合、身分証明書はどうなるかというものがあります。運転免許証はもちろん、学生証やパスポートなど、写真付きの身分証明書の扱いはどうなるのでしょうか。

  • 国語の試験、なぜ作者の意図と違う?

    模擬試験や実際の受験における国語の現代文には「作者の意図」を問う問題があります。これはしばしば作者本人から、こんなことは思っていないし考えてもいないと物言いが来ることがあります。なぜ、国語の問題は作者の意図しないものを作り上げてしまうのでしょうか。

  • 医師免許、剥奪の基準は?

    医師になるためには、日本の大学の医学部、もしくは日本の医学部卒業相当と認められる海外の大学を卒業し、日本での医師国家試験に合格する必要があります。この医師免許が剥奪されるのは、どのような時でしょうか。

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »