学習方法

勉強方法、本の読み方、英語学習など、勉強に役立つ学習方法を紹介しています。

  • 一箱古本市とは何か?

    全国各地で一箱古本市というイベントが行われています。これは、ダンボール一箱分の中に、古本を詰めて、各出品者が店主となって古本を売るイベントです。省スペースでできることから、全国各地で行われるようになりました。

  • 暗記は書いて覚える

    暗記というと、受験勉強だけのものと思われがちです。さらに、旧来の勉強法であると避けられがちかもしれません。今はスマホがあるので、わからないことはすぐに調べれば良いと思っている人も多いでしょう。それでも、暗記は昔からある通り、重要なテクニックの一つです。スマホは電池が無くなってしまえば無用の長物です。さらに電波の届かない場所では……。だからこそ、暗記は大切だといえるでしょう。

  • ヤマ張りを見直す

    試験勉強などで「ヤマを張る」という言葉があります。おそらくここが出るだろう範囲を定めて集中的に勉強することですね。これは一見、非効率な方法に見えますが、実はそれなりの合理性があるのです。

  • シンプルな英語を考える

    日本人は英語ができないといわれていますが、中学、高校、さらに大学と学校では英語を学び続けます。そのため、英語のスピーキングやヒアリングなどの英会話は苦手とするものの、英作文や翻訳などの分野は得意ともいわれています。

  • ジョン万次郎英語とは?

    江戸時代の終わりから、明治時代にかけてジョン万次郎という人物がいました。ジョン万次郎は本名を中濱萬次郎といい、現在の高知県に生まれます。14歳の時に、乗っていた船が遭難し、伊豆諸島の鳥島に漂着します。その後、アメリカの船に救助され、そのままアメリカに渡ります。

  • 忘れない読書術とは?

    本を読むのが苦手という人は、一気に読まないとそれまでの内容を忘れてしまうという人がいるでしょう。ですが、本を読む人にとっても、読んだ瞬間から忘れてしまっているといったこともあります。

  • 脳にまかせる勉強法とは?

    勉強、あるいはビジネスシーンにおいて、記憶は重要な要素です。一度覚えたこと、教えたことを忘れてしまっては、効率が悪いでしょう。暗記型の勉強法というのは、ともすれば、その点において苦痛をともなうこともあります。そして暗記型、詰め込み型の勉強法はほかに融通が効かないといった批判をされることもあります。果たして本当にそうなのでしょうか?

  • ツイッターで考える読書感想文

    夏休みの宿題の一つに読書感想文があります。原稿用紙にして2枚から4枚程度の感想文が課され、毎年苦痛だった人もいるでしょう。その理由としては、興味がない本を読まなければいけない、その感想も特にないといったものではないでしょうか。

  • 通信制高校の歴史を知る

    近年、新しい学びの場として通信制高校が注目されています。通信制高校は、従来の不登校、中退者のためのサポートスクールといった性格から、「いつでも、どこでも、だれでも」幅広く学べる場として開かれつつあります。そんな通信制高校の全体像を知ることができる書籍が手島純編著による『通信制高校のすべて』(彩流社)です。

  • 英語の表現力は相手と場面

    英語を勉強している人は多いでしょう。英語の表現力を高めるひとつのテクニックとして、相手と場面による使い分けがあります。これは日本語を考えてみればわかりやすいですね。目上の相手や初対面の人に対してはていねいな言葉や敬語を使いますし、友人や家族などフランクな心通う関係ではタメ口を使いますよね。英語には敬語表現はありませんが、ていねいな言葉づかいやくだけた言葉づかいはあります。そんな英語の極意を知ることができる良書が、高橋朋子による『相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック』 です。

  • 大学の集中講義って?

    大学では単位制が取られています。それぞれの授業の単位を取得し、所定の単位数に達すれば卒業が可能となります。卒業論文が課されているところは、別途論文審査への合格も求められます。

  • 夏休みの宿題いつ片付けた?

    夏休みの定番といえば宿題でしょう。数多くの宿題が出された思い出は誰しもあるでしょう。計算ドリルや漢字の書き取りがわずらわしかった、自由研究のテーマに迷った、工作を手抜きで作ってしまった、いろんな思い出があるでしょう。人によって夏休みの宿題をいつ片付けたかも分かれますね。

  • 英語は世界共通語?

    英語は、海外旅行をするにあたっては求められる言語でしょう。例え片言であったとしても最低限の意思疎通をするために英語は役立ちます。この英語の定義とは何でしょうか。イギリスで話されている英語とアメリカで話されている英語はまったく異なります。

  • ロシア語世界のどこで話される?

    ロシア語は、ロシアの公用語です。ロシア以外の場所でも通用する場合があります。世界には英語圏のほか、フランス語圏、ドイツ語圏、スペイン語圏などがありますが、ロシア語圏というべき場所も存在するのです。

  • 「事典」を活用してみよう

    わからないことがあった場合、何をするでしょうか。ほとんどの人はスマートフォンで検索をかけるでしょう。しかし、かつては辞書や事典を用いて、調べることを行っていました。百科事典という言葉がある通り、そこには知識が詰まっています。

  • 国会図書館なぜ地下8階?

    国会図書館は、18歳以上ならば誰でも利用可能な施設です。本や雑誌などが多く所蔵されており、なかには国会図書館でしかお目にかかれないレア資料もあります。そんな国会図書館は、多くの書庫を抱えています。中でも、新館は地下8階まであることで知られています。なぜ、これほど深い場所にあるのでしょうか。

  • 本棚へこだわってみる

    あなたは本棚をどのように活用しているでしょうか。雑誌や本を適当に入れている。お気に入りのマンガ本はきっちりと並べてある。あるいは本棚に並べるほど本を持っていない。さまざまな事業があるでしょうが、本棚はいわばその人の頭の中のアウトプットでもあるといえるでしょう。

  • ビジネス書のエッセンスを2分で理解

    ビジネス書は、ビジネスマンにとっては必読文献ともいえるものです。しかしながら、時間のない人にとって文字の列を追うことはなかなか難しい作業であるといえるでしょう。途中まで読んだとしても、それまでの内容を忘れてしまうこともしばしばです。

  • 下読みとは何か?

    小説の新人賞には多いものだと何千通もの応募があります。その中から、受賞作となるものは多くても1作か2作です。1000通応募があって、1作の受賞の場合は実に倍率1000倍です。新人賞はどのようにして選ばれるのでしょうか。

  • 国際運転免許取得は簡単?

    海外旅行をするにあたり、自分でバイクや車を運転できれば、オリジナルな旅をするのに役立ちます。しかし、海外でバイクや車を運転するにあたって何か特別な資格が必要となるのでしょうか。

1 / 5 1 2 3 4 5 最後 »