学習方法

勉強方法、本の読み方、英語学習など、勉強に役立つ学習方法を紹介しています。

  • 「小室英語」とは何か?

    小室英語と呼ばれるものがあります。これはなんでしょうか。なにかの参考書のタイトルでしょうか。いいえ、違います。小室英語というのは小室哲哉が作詞した一連の曲をいいます。その英語が文法的に正しくないということでつけられたものです。

  • 燃え殻小説の魅力とは?

    燃え殻による『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーとなっています。この小説の魅力とは何なのでしょうか。

  • 「君たちはどう生きるか」の世界

    永遠のベストセラーのひとつに吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』があります。大学を出た青年が、少年にさまざまな教えを差し向ける話です。そこに取り込まれている内容は社会とは何か、貧困はなぜ起こるのか、格差を無くすにはどうすればよいのか、教養を学ぶ意義は何なのか、といったものです。

  • 正しい本の読み方とは?

    本を読みたいけれども、どう読めばいいのかわからない、どこから読めばいいのかわからない。そうした思いを持つ人は多いでしょう。なおかつ、この本の読み方は正しいのか、果たして役に立つものなのかと不安に思う人もいるかもしれません。

  • フィードバックの重要さ

    フィードバックという言葉をよく目にします。これは、電気回路において、出入力に変化を持たせるという意味があります。転じて、心理学や教育などで行動の結果などを修正していく仕組みに対しても使われます。ネットのライティング作業などにおいては、修正点の指摘などについて使われます。さらに、最近では、上司の部下に対する指導としてもフィードバックという言葉が使われます。

  • 本はゆっくりと読むべし

    本を読みたいけれども、すぐに飽きてしまってなかなか読み進められないという人はいるでしょう。一般的に本は早く読むことが良しとされていないでしょうか。いや、そんなことはありません。本は、ゆっくりと読む方が味わえるのです。

  • 勉強は「捨てる」ことが大事?

    勉強は、受験が終わっても一生続いてゆきます。資格試験の勉強や、あるいは会社の仕事にまつわる勉強などさまざまなタスクがあります。しかし、社会人になってからの勉強時間はそう多くは確保できません。平日は、夜は疲れて帰ってきて寝てしまうことがほとんどでしょう。休日にまとめて勉強すればいいやとなっても、こちらも平日の疲れを取るのに費やされることもしばしばです。

  • 読書は習慣で根付く

    読書をしようにも集中力が続かないという人は多いでしょう。そもそも文字の列を追うのが苦手、漫画ならばなんとかなるのだが、という人もいますよね。読書に必要なものは習慣づけです。歯磨きや手洗いうがいのように、読書を生活の中に習慣づければ良いのです。

  • 卒論、修論、博論の違いは?

    大学を卒業するために、卒業論文の執筆が義務化されている学校があります。そのあと大学院に進学する場合は、修士課程または博士前期課程を修了するには修士論文、博士課程または博士後期課程を修了するには博士論文を執筆し、審査に合格する必要があります。それぞれの論文にはどういった内容が求められるのでしょうか。

  • 一箱古本市とは何か?

    全国各地で一箱古本市というイベントが行われています。これは、ダンボール一箱分の中に、古本を詰めて、各出品者が店主となって古本を売るイベントです。省スペースでできることから、全国各地で行われるようになりました。

  • 暗記は書いて覚える

    暗記というと、受験勉強だけのものと思われがちです。さらに、旧来の勉強法であると避けられがちかもしれません。今はスマホがあるので、わからないことはすぐに調べれば良いと思っている人も多いでしょう。それでも、暗記は昔からある通り、重要なテクニックの一つです。スマホは電池が無くなってしまえば無用の長物です。さらに電波の届かない場所では……。だからこそ、暗記は大切だといえるでしょう。

  • ヤマ張りを見直す

    試験勉強などで「ヤマを張る」という言葉があります。おそらくここが出るだろう範囲を定めて集中的に勉強することですね。これは一見、非効率な方法に見えますが、実はそれなりの合理性があるのです。

  • シンプルな英語を考える

    日本人は英語ができないといわれていますが、中学、高校、さらに大学と学校では英語を学び続けます。そのため、英語のスピーキングやヒアリングなどの英会話は苦手とするものの、英作文や翻訳などの分野は得意ともいわれています。

  • ジョン万次郎英語とは?

    江戸時代の終わりから、明治時代にかけてジョン万次郎という人物がいました。ジョン万次郎は本名を中濱萬次郎といい、現在の高知県に生まれます。14歳の時に、乗っていた船が遭難し、伊豆諸島の鳥島に漂着します。その後、アメリカの船に救助され、そのままアメリカに渡ります。

  • 忘れない読書術とは?

    本を読むのが苦手という人は、一気に読まないとそれまでの内容を忘れてしまうという人がいるでしょう。ですが、本を読む人にとっても、読んだ瞬間から忘れてしまっているといったこともあります。

  • 脳にまかせる勉強法とは?

    勉強、あるいはビジネスシーンにおいて、記憶は重要な要素です。一度覚えたこと、教えたことを忘れてしまっては、効率が悪いでしょう。暗記型の勉強法というのは、ともすれば、その点において苦痛をともなうこともあります。そして暗記型、詰め込み型の勉強法はほかに融通が効かないといった批判をされることもあります。果たして本当にそうなのでしょうか?

  • ツイッターで考える読書感想文

    夏休みの宿題の一つに読書感想文があります。原稿用紙にして2枚から4枚程度の感想文が課され、毎年苦痛だった人もいるでしょう。その理由としては、興味がない本を読まなければいけない、その感想も特にないといったものではないでしょうか。

  • 通信制高校の歴史を知る

    近年、新しい学びの場として通信制高校が注目されています。通信制高校は、従来の不登校、中退者のためのサポートスクールといった性格から、「いつでも、どこでも、だれでも」幅広く学べる場として開かれつつあります。そんな通信制高校の全体像を知ることができる書籍が手島純編著による『通信制高校のすべて』(彩流社)です。

  • 英語の表現力は相手と場面

    英語を勉強している人は多いでしょう。英語の表現力を高めるひとつのテクニックとして、相手と場面による使い分けがあります。これは日本語を考えてみればわかりやすいですね。目上の相手や初対面の人に対してはていねいな言葉や敬語を使いますし、友人や家族などフランクな心通う関係ではタメ口を使いますよね。英語には敬語表現はありませんが、ていねいな言葉づかいやくだけた言葉づかいはあります。そんな英語の極意を知ることができる良書が、高橋朋子による『相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック』 です。

  • 大学の集中講義って?

    大学では単位制が取られています。それぞれの授業の単位を取得し、所定の単位数に達すれば卒業が可能となります。卒業論文が課されているところは、別途論文審査への合格も求められます。

1 / 6 1 2 3 4 5 最後 »