学校の授業

  • 文系と理系はなぜわかれた?

    日本の学校教育においては大学進学を目指すにあたって、高校生の時点で文系と理系にわかれます。文系は国語や英語といった科目を重点的に、一方で理系は数学や理科といった科目が重点的に行われます。文系を選ぶ理由として数学が苦手だからというのもあるでしょう。あるいは文系において、どうしても英語が苦手という人もいますね。

  • 大学院生の実態をエッセイで味わう

    社会人の学び直しとして大学院のリカレント教育が注目されて久しいです。さらに、生涯学習の一貫として大学院も存在します。しかしながら大学院生活の実態の多くは謎につつまれています。そもそも研究するという行為どのようなものなのか。そんな素朴な疑問に答えを与えてくれるかもしれない本が、森井ユカによる『突撃!オトナの大学院』(主婦と生活社)です。

  • 大学院に語学は必要?

    大学院進学を考えたことのある人も多いのではないでしょうか。大学時代にやり残したことがある、自分の興味を極めたいといった動機ですね。ただ、あいまいなモチベーションで大学院へ行くと失敗することもあります。さらに、大学院の研究に必須ともいえるものが語学力です。

  • 卒論、修論、博論の違いは?

    大学を卒業するために、卒業論文の執筆が義務化されている学校があります。そのあと大学院に進学する場合は、修士課程または博士前期課程を修了するには修士論文、博士課程または博士後期課程を修了するには博士論文を執筆し、審査に合格する必要があります。それぞれの論文にはどういった内容が求められるのでしょうか。

  • 通信制高校の歴史を知る

    近年、新しい学びの場として通信制高校が注目されています。通信制高校は、従来の不登校、中退者のためのサポートスクールといった性格から、「いつでも、どこでも、だれでも」幅広く学べる場として開かれつつあります。そんな通信制高校の全体像を知ることができる書籍が手島純編著による『通信制高校のすべて』(彩流社)です。

  • 大学の集中講義って?

    大学では単位制が取られています。それぞれの授業の単位を取得し、所定の単位数に達すれば卒業が可能となります。卒業論文が課されているところは、別途論文審査への合格も求められます。

1 / 1 1