大学院に語学は必要?

大学院進学を考えたことのある人も多いのではないでしょうか。大学時代にやり残したことがある、自分の興味を極めたいといった動機ですね。ただ、あいまいなモチベーションで大学院へ行くと失敗することもあります。さらに、大学院の研究に必須ともいえるものが語学力です。

英語は必要?

特に社会人向けの大学院入試の場合、試験科目が面接のみ、あるいは書類審査のみといったところも多くあります。しかし、大学院の研究ではほとんどの分野が、日本限定のものではなく世界共通の価値観やルールに基づいて行われています。そのため、大学院での研究を本格的に行おうと思った場合、語学力は必須だといえるでしょう。日本語の翻訳がある書籍であっても、大学院の研究ではその日本語訳を批判的に検証する能力が求められるため、すべて日本語でOKというわけではありません。

読み書きが先

語学にはリーディングの読み、ライティングの書き、さらにスピーキングの喋りがあります。大学院の研究においては論文を読む能力が必要ですから、もっとも優先されるのはリーディングです。大学院において試験科目に英語をはじめとする語学がない場合においても『大学院入試の英文法』(秀和システム)といった参考書を用いた語学学習を自分なりに行うのがベストでしょう。