学習方法

  • 王道の勉強法に学ぶ

    勉強法というのは、それぞれが自己流にやるものですが、ある程度の共通項もあります。やはり、時間をかけてればそれだけ充実していくことは確かでしょう。勉強法においては、横道よりも王道を選んだ方が良いと言えるかもしれません。

  • メモ術と記憶術は一心同体

    つぶさにメモを取る人は、記憶力がいいと言われています。実際に手を動かしてメモをとることによって、五感から記憶を定着させていくのです。

  • 整形で顔が変わったら身分証は?

    素朴な疑問として、整形手術を受けて顔が変わった場合、身分証明書はどうなるかというものがあります。運転免許証はもちろん、学生証やパスポートなど、写真付きの身分証明書の扱いはどうなるのでしょうか。

  • 国語の試験、なぜ作者の意図と違う?

    模擬試験や実際の受験における国語の現代文には「作者の意図」を問う問題があります。これはしばしば作者本人から、こんなことは思っていないし考えてもいないと物言いが来ることがあります。なぜ、国語の問題は作者の意図しないものを作り上げてしまうのでしょうか。

  • 医師免許、剥奪の基準は?

    医師になるためには、日本の大学の医学部、もしくは日本の医学部卒業相当と認められる海外の大学を卒業し、日本での医師国家試験に合格する必要があります。この医師免許が剥奪されるのは、どのような時でしょうか。

  • フォトリーディング速読術とは?

    文章や本を早く読めるようになりたいけれども、なかなか思い通りにいかないという人は多いでしょう。そういう人のために、身につけて損はないテクニックとして速読術があります。

  • 大学院生の実態をエッセイで味わう

    社会人の学び直しとして大学院のリカレント教育が注目されて久しいです。さらに、生涯学習の一貫として大学院も存在します。しかしながら大学院生活の実態の多くは謎につつまれています。そもそも研究するという行為どのようなものなのか。そんな素朴な疑問に答えを与えてくれるかもしれない本が、森井ユカによる『突撃!オトナの大学院』(主婦と生活社)です。

  • 勉強は超速で行うべき?

    働きながら資格などを取るため勉強に挑む人は多いでしょう。しかし、仕事をしながらではなかなか時間が確保できないのが難儀なところです。

  • 情報分析の勉強法

    社会を生き抜くにあたって必要な能力のひとつに、情報分析があります。それはどのようなものかといえば、膨大な情報の中から自分に合った有益な情報を導き出す力です。特に、スマートフォンやパソコンなどによって常にインターネットに接続されている現在においては必須のスキルであるといえるでしょう。情報分析力があるかどうかが、場合によっては自分の生存戦略に関わってくることもあるのです。

  • 仕事と勉強の両立方法は?

    仕事をしながら勉強を続ける人は多いかもしれません。資格の勉強、あるいは学校へ入り直すための勉強、さらに今の仕事でステップアップするための勉強などさまざまでしょう。

  • 新聞の読書欄読んでいる?

    新聞には読書欄と呼ばれるページがあります。大体は、日曜日発刊の新聞に掲載されます。この読書欄のページにはどのような需要があるのでしょうか。

  • 方言小説の魅力

    2018年度の上半期の、第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)は、著者の出身地である岩手県の方言が生きた小説です。

  • 奥深き風景印の世界

    インターネットのメールが普及している現在では、郵便を出す機会がめっきり減ってしまったという人も多いのではないでしょうか。しかし、届くまでにタイムラグがある分より深いメッセージを味わうことができる、郵便にはそうした魅力もあるのではないでしょうか。

  • 40代からの記憶術とは?

    40歳は、人生のターニングポイントであるといえるでしょう。そこまで来てしまうと、新たなチャレンジというのはしづらくなります。さらに身体機能の衰えも出てくると、いわゆる老化がはじまります。

  • 電子全集とは何か?

    文学全集は、その作家の作品を網羅したものであり、ファンならば持っておきたいアイテムです。しかしながら、全てが載っているため分厚く、かさばるのも問題です。

  • 図書館の除籍図書狙い目?

    電気通信大学の図書館が、除籍図書を1冊100円で販売し話題となりました。図書館の除籍図書は、思わぬ掘り出しものに出会える場所として知られています。

  • 歌詞からふりかえるアーティストの半生

    戸川純による『戸川純全歌詞解説集:疾風怒濤ときどき晴れ』(Pヴァイン)は、デビュー35周年を迎える戸川純が、自らの作詞した歌詞からアーティスト半生を振り返るユニークな本です。

  • エッセイストとしての小林紀晴

    小林紀晴は写真家として知られています。故郷の長野県の諏訪地方を舞台とした御柱祭などを長年撮り続けてきた人物です。さらに90年代には会社をやめてアジアを旅し、そこで知り合った若者たちの姿を追った「アジアン・ジャパニーズ」シリーズでも知られました。

  • 芥川賞は新人賞?

    第158回芥川賞が発表され、若竹千佐子による『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)と、石井遊佳による『百年泥』(文藝春秋)が受賞して話題となっています。この2人は、小説の新人賞の受賞作がそのまま芥川賞の候補になり、受賞に至りました。

  • おじさんとは何かを知る本?

    世の中にはたくさんのおじさんがいます。おじさんたちは年齢は大人でありますが、なかには精神がまだ幼い人たちもいます。それでいてお金や権力は持っているので、それを盾に若い女性に無茶振りをしてくることもしばしばです。そんなおじさんたちの姿をセクハラやパワハラといった言葉でまとめてしまわずに、ユーモラスに描いた本が鈴木涼美による『おじさんメモリアル』(扶桑社)です。

3 / 9 « 最初 1 2 3 4 5 6 7 最後 »