外国語

  • 英語話者は世界に何億人?

    英語は世界の中でもっとも伝わりやすい言語だと言われています。いったい世界中でどれくらいの人が英語を話しているのでしょうか。

  • ケベック・フランス語とは?

    フランス語はフランスだけで話されるものではありません。フランスの植民地が多くあったアフリカでは国ごとの共通言語としてフランス語が用いられる場合もあります。さらにフランス語はカナダの一部でも話されています。それがケベック州です。

  • 中国語翻訳のコツとは?

    日本が国際化社会となるにしたがって外国語の需要は高まってきています。この国際化社会という言葉はかねてより言われているものですが、近年においてはますます現実味を帯びているものだと言えるかもしれません。そうした中において隣国である中国との関係も考えさせられるようになっています。

  • アルバイトはドイツ語?

    現在は当たり前に日本語の中で使われている言葉にアルバイトがありますね。略してバイトと呼ばれることが多いようです。アルバイトとは期間の定めがある労働契約であり、基本的に無期で働く一般的な会社員とは区別されており、非正規の仕事と言われていますね。

  • 英語の本が読まれている国は?

    英語の本はどの国で読まれているでしょうか。英語の出版点数が第一位の国はアメリカです。それでは第二位はどこでしょうか。

  • 英単語の語源を知る

    英単語はどのようにして覚えるでしょうか。アルファベットの文字列を追いながら、同時に意味を理解している人がほとんどではないでしょうか。それはまさしく暗記という作業そのものだとも言えるでしょう。

  • タイ語とラオス語の関係

    タイ語とラオス語は近しい関係にあると言われています。特別な学習を必要とせず、双方の人々が意思疎通できる言語とされていますが。どのような関係性があるのでしょうか。

  • 言語習得、難しい言葉は?

    外国語を学習するにあたって習得が容易な言語と難しい言語があります。英語を話す人が外国語を習得する場合にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

  • ラテン語世界のどこで使われる?

    ラテン語とは、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派のひとつの言語です。もともとイタリア半島の中部に住むラテン人によって使われた言葉ですが、ローマ帝国の公用語となったことで、ヨーロッパ大陸の西部や南部、アフリカやアジアの一部でも広く使われるようになりました。この時、学問の活動にも使われるようになったため、現在でもヨーロッパの大学ではラテン語が必修となっているところがあります。

  • ノルマはロシア語?

    ノルマという言葉はビジネスシーンなどでよく用いられているでしょう。「年間のノルマはどれくらい」「今日のノルマはどれくらい」「ノルマ達成に向けて頑張ろう」といったものです。仕事上でこなさなければいけない最低限のラインを指す言葉がノルマだといえるでしょう。いまでは何気なく使われている言葉ですが、実はこの「ノルマ」という言葉には怖い意味があることをご存知でしょうか。

  • セミリンガルとは何か?

    英語が自由に話せたらといった思いを抱く人は少なくないでしょう。最低限の意思疎通はできたとしても、自分の考えを明確に伝えることができない、そんなもどかしい思いがそこにはあります。

  • EUの公用語は?

    EUこと欧州連合は、通貨が同じユーロを使用しており、さらにEU内での国間移動は自由にすることができます。ただし、イギリスなど入国審査を個別に課している国もあります。

  • 「小室英語」とは何か?

    小室英語と呼ばれるものがあります。これはなんでしょうか。なにかの参考書のタイトルでしょうか。いいえ、違います。小室英語というのは小室哲哉が作詞した一連の曲をいいます。その英語が文法的に正しくないということでつけられたものです。

  • シンプルな英語を考える

    日本人は英語ができないといわれていますが、中学、高校、さらに大学と学校では英語を学び続けます。そのため、英語のスピーキングやヒアリングなどの英会話は苦手とするものの、英作文や翻訳などの分野は得意ともいわれています。

  • ジョン万次郎英語とは?

    江戸時代の終わりから、明治時代にかけてジョン万次郎という人物がいました。ジョン万次郎は本名を中濱萬次郎といい、現在の高知県に生まれます。14歳の時に、乗っていた船が遭難し、伊豆諸島の鳥島に漂着します。その後、アメリカの船に救助され、そのままアメリカに渡ります。

  • 英語の表現力は相手と場面

    英語を勉強している人は多いでしょう。英語の表現力を高めるひとつのテクニックとして、相手と場面による使い分けがあります。これは日本語を考えてみればわかりやすいですね。目上の相手や初対面の人に対してはていねいな言葉や敬語を使いますし、友人や家族などフランクな心通う関係ではタメ口を使いますよね。英語には敬語表現はありませんが、ていねいな言葉づかいやくだけた言葉づかいはあります。そんな英語の極意を知ることができる良書が、高橋朋子による『相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック』 です。

  • 英語は世界共通語?

    英語は、海外旅行をするにあたっては求められる言語でしょう。例え片言であったとしても最低限の意思疎通をするために英語は役立ちます。この英語の定義とは何でしょうか。イギリスで話されている英語とアメリカで話されている英語はまったく異なります。

  • ロシア語世界のどこで話される?

    ロシア語は、ロシアの公用語です。ロシア以外の場所でも通用する場合があります。世界には英語圏のほか、フランス語圏、ドイツ語圏、スペイン語圏などがありますが、ロシア語圏というべき場所も存在するのです。

  • 英語を1年でマスターするには?

    日本人は英語が喋れない人種だと言われています。日本国内に1億人の需要があるため、日本語だけでやっていける環境が確保されているためでしょう。さらに、現在では中学校から高校、大学生まで英語を学んでいるのに、スピーキング(会話)は極端に弱いとされています。そんな英会話を1年でマスターした著者によるメソッドを記した本が三木雄信「海外経験ゼロでも仕事が忙しくても『英語は1年』でマスターできる (PHPビジネス新書) です。

  • もしも、あなたが、英語でPRができたなら。

    想像してみてください。もしも、あなたが、英語でPRができたなら、どんな世界が広がるでしょうか? どんなワクワクする未来へとつながるドアを開けることができるでしょうか?

1 / 3 1 2 3 最後 »