タイ語とラオス語の関係

タイ語とラオス語は近しい関係にあると言われています。特別な学習を必要とせず、双方の人々が意思疎通できる言語とされていますが。どのような関係性があるのでしょうか。


ラオスでタイ語が通じる

2つの言語は同一言語の地域変種の関係にあります。日本の言葉で言えば方言に当たるものでしょう。ただ、2つの言葉はまったく一緒というわけではありません。ラオスの人々が、映画やテレビなどによってタイ語を理解しているため、通じるという関係になっているのが実情です。特にメコン川に接している中部から南部のラオスにかけては、タイのテレビ電波が受信可能なため、そうした影響が生じているのです。

一緒ではない

そのため、タイ語を学んだ人がラオスでタイ語を話すとある程度通じるために、タイ語とラオス語が一緒であると思ってしまいがちですが、それは誤解というべきものでしょう。

どういう違いが?

さらにラオスは独立国としてあるため、公用語であるラーオ語を強調しているため、その隔たりがあると言えるでしょう。さらにラオス語で用いられるラーオ文字は、タイ語とは異なる要素もあるため、双方の言語を一緒に扱うことはできません。ラオス語は、現在では東京外国語大学にラオス語専攻ができています。

    
コメント