英語話者は世界に何億人?

英語は世界の中でもっとも伝わりやすい言語だと言われています。いったい世界中でどれくらいの人が英語を話しているのでしょうか。

およそ15億人

世界の人口は約73億人です。そのうち英語を話している人は約15億人いると言われています。この数字を少ないとも思うかもしれませんが、それでも人口が10億人クラスの中国やインドといった大国などをのぞいていけば、世界人口のうち英語を話す、英語が通じる割合はそれなりに大きいのではないでしょうか。

ほとんどが第二言語

さらに英語をネイティブスピーカーとしている人の割合は全体の25%ほどであり、残りの75%は母国語とは別に第二言語として英語を習得している人たちになります。その割合は、インドや、フィリピン、ナイジェリアなどのアジア、アフリカの国のほか、ドイツ、フランス、イタリアなどのヨーロッパ各国においても存在します。

ネイティブスピーカーの国は?

それでは英語のネイティブスピーカーの国はどこかといえばまずはアメリカが挙げられるでしょう。ここには約2億5千万人の人口がいます。さらにイギリスの約6000万人、カナダの約2600万人と続きます。オーストラリアやニュージランドなどが英語圏としてあげられますね。こうして見ると、英語イコールアメリカやイギリスだけではないということが切実にわかると言えるでしょうね。