読書

  • 読書の価値とは?

    読書とは良きこととされています。自分の知らない世界のことを知ることができますし、さらに自分の間違いに気づくといったこともあるでしょう。若い世代にとっての読書は自分がこれからどう生きるべきか、さらには将来どんな仕事をしたらいいのかといった、将来像まで浮かび上がるものであるでしょう。

  • テレビ欄から時代を知る

    何気ないものでも、まとめてみると視聴的な価値を持つことがあります。新聞のテレビ欄などもそのひとつでしょう。

  • ヤングアダルトの本を知る

    ヤングアダルトというのは青少年とも訳される言葉でしょうか。さまざまな悩みを抱える年ごろであると言えるでしょう。その悩みは果たして自分だけのものなのか、あるいはほかの誰かも経験しているものなのか。そこにおいて気になるポイントは多いと言えるかもしれません。

  • 読書がたどりつく場所とは

    読書というのは、これまでとはありかたが変わりつつあるのは確かでしょう。情報を手に入れる場所が必ずしも読書とは限らなくなってきているからです。そうした時代において読書とはどのような価値を持ちうるものなのでしょうか。ミステリー小説を楽しむような趣向としての読書に限定されるのでしょうか。いえ、そんなことはありません。読書には得も言われぬ魅力があるのだと言えます。

  • 沢木耕太郎「246」の世界

    沢木耕太郎といえば『深夜特急』が代表作と言えます。旅の作家といったイメージがありますが、本来ならば旅ばかりに限らない多くのルポルタージュ作品を作り上げています。ルポルタージュの一人称は私であり、私が何を見聞きしたのか、どのように感じたのかといった感情の機微が記されています。

  • 行き場のない若者の話を読む

    旅というのは今も昔も、どこか遠い場所へ旅立つ思いがともなうものです。どこか日本社会からの逃避といった意味合いがあるのも確かでしょう。90年代のバックパッカーの姿を描いた小林紀晴『アジアン・ジャパニーズ』(新潮文庫)などにはそうした空気が色濃く現れています。さらに、角田光代による『東京ゲスト・ハウス』(河出文庫)もそうしたお話の一つです。

  • コラージュ日記を読む

    植草甚一という人がいました。ジャズやミステリー、あるいはコーヒー、散歩といったものを愛した、文化的なディレッタントというべき存在ですね。植草甚一はアパートに住み、その部屋はレコードと古雑誌で埋まっていたそうです。そのような人物の一端をかいま見ることができるものが『植草甚一コラージュ日記 東京1976』(平凡社ライブラリー)です。

  • 速読で時間を増やす

    速読術と呼ばれるものがあります。本をすばやく読んでいくものですね。時間をかけずに短時間で集中して読んでいくメリットはさまざまにあります。まず、本を読んだのだけれども内容をすっかり忘れてしまったといっデメリットがなくなります。本を読みたいのだけれども、なかなかモチベーションが起こらないという人はそういうパターンにハマっていることもあるので、速読術は役立つことになるでしょう。

  • モテる読書術とは?

    読書は自らを豊かにする行為だとされています。しかしながら、本を読み慣れていない人には、どうにも本を読むのが苦痛である、という前提からなかなか逃れられないのもあるでしょう。そうしたときにはやはりモチベーションが求められるものだと言えるかもしれません。

  • 書体に注目しよう

    本が好きな人は、どういった理由から好きなのでしょうか。本の内容が好きという理由はまずあげられますね。しかし、内容は文字ばかりとは限りませんよね。絵や写真などのビジュアル的なコンテンツによる魅力もあるでしょう。なかには、本の外側の装丁が好きという人もいるかもしれません。さらに変わり種の本好きとしては、フォント、書体が好きという人もいます。

  • 変わり種の青春物語

    学生生活というのは、その人それぞれの思い出が詰まっています。さらに教育というのは、それぞれにバリエーションがありますので、一風変わった学校に通っていたという人もいるのではないでしょうか。変わり種の校則といったものは、そうした話をする時の定番ネタです。

  • ニッチを目指すクリエイティブ論

    何かクリエイティブなことがしたいけれども、誰しもに訴えかけるようなエンターテイメントはなかなかできそうにない。どうすればいいのだろうかといった思いを抱いている人は少なくないでしょう。そうした人におすすめなのが岡宗秀吾による『煩悩ウォーク』(文藝春秋)です。

  • 頭のいい人の本棚とは?

    本棚は、その人の思考遍歴を映し出す鏡であるとも言われています。本棚を見ればその人がどのようなことを考え、どのような読書遍歴を辿ってきたのか、といったことがおぼろげながらにも見えてくるでしょう。

  • 古本探しは「日本の古本屋」がおすすめ

    古本を探す時にどのような手段を使っているでしょうか。大手の新古書店チェーンの通信販売サイトや、あるいはオークションサイト、Amazonなどがよく知られていますね。しかしながら、ベストセラーなどの本は割合手に入ったとしても、幻の一冊はなかなか手に入りにくいのが実情です。

  • 本でお悩みを解決?

    悩みは誰しもが持っているものです。はたからみればなんてこともない悩みであったとしても、当人にとってみれば深刻な悩みであったりすることもしばしばです。それだけ悩みというのは多種多様な個性を持っているとも言えるでしょう。

  • 奥深き古本趣味の世界

    古本屋めぐりが趣味という人は、デジタル全盛の現代にあっても一定数います。人はなぜ古本屋へ行くのでしょうか。さらに断捨離といった言葉とは無縁の、読むはずのない本をなぜ積み重ねていくのか。そうした奥深い古本趣味の世界を描いた良作がカラサキ・アユミによる『古本乙女の日々是口実』(皓星社)です。

  • 「必読書150」とはなにか?

    現在、教養といったものは、ほとんど注目されることがなくなりました。大学生であるからといってなにか難しい本を読まなければいけない、古典的な名作を読まなければいけないといったオブセッションは、ほとんどなくなってきているのではないでしょうか。それでも、15年ほど前には、そのような教養の残滓というべきものがありました。

  • 写真からアフリカを知る

    アフリカというのは日本からは距離が遠いこともあって、どこか遠い世界であるようで、それほど馴染みのない場所です。しかしながら、そこには私たちの知らないさまざまな魅力がつまっていると言えるでしょう。

  • 自分史エッセイを味わう

    自分史なる分野があります。自分がどのように育ってきて、両親はどのような人か、あるいはどう感じてきたのかといったことをつぶさに整理していくことは、自分を見つめ直す契機となるかもしれません。

  • 日経新聞を読めるようになるには?

    日経新聞、日本経済新聞は社会人の必読新聞だと言われています。就職活動のために目にすることが必要だということもありますが、日経に馴染みがない人にとってはよくわからないでしょう。かねてより日経新聞が読めるようになれば、一応は会社員として一人前だとも言われています。

1 / 4 1 2 3 4 最後 »