昔の本がタダでダウンロードできる?

国会図書館は近代デジタルライブラリーというサイトを開設しています。これは、著作権が切れて版権フリーとなった本を、スキャニングして広く一般に公開しているものです。インターネット上で読むこともできますが、ダウンロードも可能です。


ダウンロードは20ページごと

ダウンロードの制約は20ページごとになっています。そのため100ページの本をダウンロードする場合には5回の処理が必要になります。しかし、著作権は切れているので制限などはありません。

ファイルは基本的に見開き2ページずつスキャニングされています。PDFファイルによってダウンロードされますので、プリントアウトも可能です。小さいサイズの本ならば、A4サイズに4ページ印刷しても良いかもしれません。

明治から大正の本

近代デジタルライブラリーが所蔵しているのは明治から大正時代にかけての本がメインとなります。現在ならば古本屋で並んでいたとしてもボロボロの本になります。場合によっては貴重な情報が入っているということもあるかもしれません。紙とプリンタインク代だけでこれらの時代の本が手に入る、あるいはデータとして持てるというのは良い時代になったものです。

しかし明治時代の言文一致体より前の文章というのはとても読みづらいものです。そんな時には絵や写真などのビジュアル資料も楽しめます。ネックとしてはカラーのものも、モノクロで収録されているということでしょうが、見る分には問題ありません。

「ベストセラー本を生み出す「タイトル」には、秘密があった!」の詳細を調べる

    
コメント