ブックオフで古い本を探す方法

ブックオフは主要な駅前に存在する新古書店です。新刊が素早いスピードで並ぶため、書店売上を圧迫しているとも言われています。そんなブックオフの特徴は、これまでの古本屋のイメージにありがちだったホコリを被った古本が売られているといったものを払拭しているところにあります。


ブックオフの本はキレイ

確かに本にはすべてヤスリがけがなされているため、黄ばみのや日焼けの目立つ本はありません。しかし、古本の魅力は自分の生まれていない時代の本と出会えることにあります。ブックオフにはそのような本はあまり置かれていません。

狙いは文庫棚

しかし文庫棚には比較的古い本が並んでいます。著作者ごとに五十音順に並べられているコーナーの先に、出版社ごとに並べられているゾーンがあります。文庫本は出版社ごとに装丁が共通のものになっているのでわかりやすいでしょう。

そこの岩波文庫や講談社学術文庫といったゾーンをのぞくと古い本が並んでいます。中には現在は入手困難で絶版となっているのものもあったりします。思わぬ掘り出し物に出会える場所も文庫棚であると言えるでしょう。

新書棚も必見

さらに新書棚にも、出版社ごとに並べられているほか新書サイズの本が一緒に並べられていることがあります。

新書サイズの本ではタレント本などが多く出ています。あの有名タレントが、意外な本を出していることもあり、ここも要注目のコーナーであると言えるでしょう。

「読書情報」の詳細を調べる

    
コメント