国会図書館は何でもそろう!雑誌、書籍、自動書庫!

国会図書館という施設があります。名の通り、国会議事堂の脇に位置しています。国会図書館は、すべての国民に開かれているため利用は完全に無料です。


あらゆる雜誌がそろっている

国会図書館には納本制度というものがあります。これは、日本国中の出版社で発行された雜誌を、各出版社が国会図書館に納付する制度です。この制度により、あらゆる雜誌が自動的にそろうことになります。

雜誌の種類も週刊誌や月刊誌といったメジャーなものばかりでなく、趣味の雜誌や、実話誌やサブカル系の雜誌までそろっています。さらに漫画雑誌もそろっています。

書籍も充実

さらに雜誌以外にも書籍も充実しています。
書籍の種類も、小説やノンフィクションばかりでなくアイドルの写真集などもあります。古本屋ではプレミア価格がついている本も、国会図書館ならば閲覧可能です。

全自動書庫

国会図書館は通常の図書館のように本がズラリと並んでいることはありません。すべてコンピューターでデータを入力して出庫申請を行うことになります。

雜誌ならば一度に12冊まで取り出すことができますので、単行本化されていない連載を続けて読んだりすることができます。

国会図書館は出庫申請を出してから受け取りまでには30分程度の時間がかかりますので、利用する際は時間に余裕をもって向かうと良いでしょう。日曜日は休館日となっていますので注意が必要です。

「情報収集には公共図書館を活用せよ」の詳細を調べる

    
コメント