本の読み方(読書法)

  • 速読脳トレとは?

    読書というのは身近な行為ですが、そこにおいて頭を鍛えるといったこともできます。そのテクニックのひとつが速読です。

  • 国会図書館なぜ18歳以上?

    国立国会図書館は、日本随一の蔵書数を誇る場所です。特に散逸しやすい昔の新聞や雑誌といったものを比較的網羅しているため、まとめた調べ物があるという人には便利な施設だといえるでしょう。しかし、国会図書館には利用制限があり満18歳以上でなければいけません。

  • ビジネスにおける読書力とは?

    ビジネスシーンにおいては、さまざまなスキルが求められるものとされています。そこにおいては読書力といったものもあげられるでしょう。読書という行為などいつでもできると思ってはいないでしょうか。しかしながら、そうした当たり前にあるものを疑ってかかる姿勢こそ大事なものだともいえますね。

  • 読書のルールを学ぶ

    本を読むのが苦手という人は少なくありません。そうした本を読むのが苦手ということを言う人にとって、つい抱きがちな悩みというのが、本を読んでいるものの、内容が頭に入ってこないというものがあるでしょう。そうなると、途中でどこまで何を読んでいたのかということもわからなくなってしまい、大変というものですね。

  • 読書を仕事につなげるには?

    読書はさまざまな体験を得られるものですが、暇な人が小説を読んでいるといった印象があるのも確かですね。確かに情報を得る手段というのは無数に広がっているわけですから、必ずしも読書とは限らないというのもあるかもしれません。

  • 読書の価値とは?

    読書とは良きこととされています。自分の知らない世界のことを知ることができますし、さらに自分の間違いに気づくといったこともあるでしょう。若い世代にとっての読書は自分がこれからどう生きるべきか、さらには将来どんな仕事をしたらいいのかといった、将来像まで浮かび上がるものであるでしょう。

  • 速読で時間を増やす

    速読術と呼ばれるものがあります。本をすばやく読んでいくものですね。時間をかけずに短時間で集中して読んでいくメリットはさまざまにあります。まず、本を読んだのだけれども内容をすっかり忘れてしまったといっデメリットがなくなります。本を読みたいのだけれども、なかなかモチベーションが起こらないという人はそういうパターンにハマっていることもあるので、速読術は役立つことになるでしょう。

  • モテる読書術とは?

    読書は自らを豊かにする行為だとされています。しかしながら、本を読み慣れていない人には、どうにも本を読むのが苦痛である、という前提からなかなか逃れられないのもあるでしょう。そうしたときにはやはりモチベーションが求められるものだと言えるかもしれません。

  • 頭のいい人の本棚とは?

    本棚は、その人の思考遍歴を映し出す鏡であるとも言われています。本棚を見ればその人がどのようなことを考え、どのような読書遍歴を辿ってきたのか、といったことがおぼろげながらにも見えてくるでしょう。

  • 日経新聞を読めるようになるには?

    日経新聞、日本経済新聞は社会人の必読新聞だと言われています。就職活動のために目にすることが必要だということもありますが、日経に馴染みがない人にとってはよくわからないでしょう。かねてより日経新聞が読めるようになれば、一応は会社員として一人前だとも言われています。

  • 読書は荒野である

    読書とはどのような目的で行われるものでしょうか。ある人にとっては勉強をして新しい知識を得るためともあるでしょう。あるいは、ちょっとした余暇にファンタジー小説を読んで空想の世界にふけることもあるでしょう。書籍に記された内容においては想像力の自由がそこには吹き込まれているからです。さらに、きわめつけには読書とは荒野を開拓していく意味もあるでしょう。眼の前にある知識の膨大な壁に挑んでいく、さらには今生きている人間ばかりではなく死者との対話さえ可能な読書の快楽は確かにあるでしょう。

  • フォトリーディング速読術とは?

    文章や本を早く読めるようになりたいけれども、なかなか思い通りにいかないという人は多いでしょう。そういう人のために、身につけて損はないテクニックとして速読術があります。

  • 新聞の読書欄読んでいる?

    新聞には読書欄と呼ばれるページがあります。大体は、日曜日発刊の新聞に掲載されます。この読書欄のページにはどのような需要があるのでしょうか。

  • 図書館の除籍図書狙い目?

    電気通信大学の図書館が、除籍図書を1冊100円で販売し話題となりました。図書館の除籍図書は、思わぬ掘り出しものに出会える場所として知られています。

  • 精読、熟読はどうやる?

    本を読むにあたって、精読や熟読といった言葉が使われます。果たしてどのような行為が精読や熟読といえるのでしょうか。

  • 「趣味は読書」は何冊から?

    趣味に読書をかかげる人は多いと思います。しかし、本といっても小説なのかノンフィクションなのか。あるいは雑誌なのか漫画なのか、多くのジャンルがありますよね。果たして何冊読んだら読書好きといえるのでしょうか。

  • ビジネス書は間違いだらけ?

    ビジネス書は多くの種類が発行されており、人気のジャンルといえるでしょう。一方で、真偽が不確かな情報が書かれていることも少なくなく、ビジネス書の中には、間違った情報が紛れ込んでいることも事実でしょう。なぜビジネス書には間違いが出てしまうのか、その根本的な疑問に向き合った本がフィル・ローゼンツワイグ著、桃井緑美子翻訳による『なぜビジネス書は間違うのか』(日経BP社)です。

  • 燃え殻小説の魅力とは?

    燃え殻による『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーとなっています。この小説の魅力とは何なのでしょうか。

  • 正しい本の読み方とは?

    本を読みたいけれども、どう読めばいいのかわからない、どこから読めばいいのかわからない。そうした思いを持つ人は多いでしょう。なおかつ、この本の読み方は正しいのか、果たして役に立つものなのかと不安に思う人もいるかもしれません。

  • 本はゆっくりと読むべし

    本を読みたいけれども、すぐに飽きてしまってなかなか読み進められないという人はいるでしょう。一般的に本は早く読むことが良しとされていないでしょうか。いや、そんなことはありません。本は、ゆっくりと読む方が味わえるのです。

1 / 3 1 2 3 最後 »