本の読み方(読書法)

本の読み方をマスターすると読書がさらに楽しくなります。また、速読や多読の読書スキルをマスターすると効率よく本を読むことが可能になります。読書がさらに楽しくなる本の読み方(読書法)を紹介します。

  • 新聞の読書欄読んでいる?

    新聞には読書欄と呼ばれるページがあります。大体は、日曜日発刊の新聞に掲載されます。この読書欄のページにはどのような需要があるのでしょうか。

  • 図書館の除籍図書狙い目?

    電気通信大学の図書館が、除籍図書を1冊100円で販売し話題となりました。図書館の除籍図書は、思わぬ掘り出しものに出会える場所として知られています。

  • 精読、熟読はどうやる?

    本を読むにあたって、精読や熟読といった言葉が使われます。果たしてどのような行為が精読や熟読といえるのでしょうか。

  • 「趣味は読書」は何冊から?

    趣味に読書をかかげる人は多いと思います。しかし、本といっても小説なのかノンフィクションなのか。あるいは雑誌なのか漫画なのか、多くのジャンルがありますよね。果たして何冊読んだら読書好きといえるのでしょうか。

  • ビジネス書は間違いだらけ?

    ビジネス書は多くの種類が発行されており、人気のジャンルといえるでしょう。一方で、真偽が不確かな情報が書かれていることも少なくなく、ビジネス書の中には、間違った情報が紛れ込んでいることも事実でしょう。なぜビジネス書には間違いが出てしまうのか、その根本的な疑問に向き合った本がフィル・ローゼンツワイグ著、桃井緑美子翻訳による『なぜビジネス書は間違うのか』(日経BP社)です。

  • 燃え殻小説の魅力とは?

    燃え殻による『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーとなっています。この小説の魅力とは何なのでしょうか。

  • 正しい本の読み方とは?

    本を読みたいけれども、どう読めばいいのかわからない、どこから読めばいいのかわからない。そうした思いを持つ人は多いでしょう。なおかつ、この本の読み方は正しいのか、果たして役に立つものなのかと不安に思う人もいるかもしれません。

  • 本はゆっくりと読むべし

    本を読みたいけれども、すぐに飽きてしまってなかなか読み進められないという人はいるでしょう。一般的に本は早く読むことが良しとされていないでしょうか。いや、そんなことはありません。本は、ゆっくりと読む方が味わえるのです。

  • 読書は習慣で根付く

    読書をしようにも集中力が続かないという人は多いでしょう。そもそも文字の列を追うのが苦手、漫画ならばなんとかなるのだが、という人もいますよね。読書に必要なものは習慣づけです。歯磨きや手洗いうがいのように、読書を生活の中に習慣づければ良いのです。

  • 忘れない読書術とは?

    本を読むのが苦手という人は、一気に読まないとそれまでの内容を忘れてしまうという人がいるでしょう。ですが、本を読む人にとっても、読んだ瞬間から忘れてしまっているといったこともあります。

  • ツイッターで考える読書感想文

    夏休みの宿題の一つに読書感想文があります。原稿用紙にして2枚から4枚程度の感想文が課され、毎年苦痛だった人もいるでしょう。その理由としては、興味がない本を読まなければいけない、その感想も特にないといったものではないでしょうか。

  • 国会図書館なぜ地下8階?

    国会図書館は、18歳以上ならば誰でも利用可能な施設です。本や雑誌などが多く所蔵されており、なかには国会図書館でしかお目にかかれないレア資料もあります。そんな国会図書館は、多くの書庫を抱えています。中でも、新館は地下8階まであることで知られています。なぜ、これほど深い場所にあるのでしょうか。

  • 本棚へこだわってみる

    あなたは本棚をどのように活用しているでしょうか。雑誌や本を適当に入れている。お気に入りのマンガ本はきっちりと並べてある。あるいは本棚に並べるほど本を持っていない。さまざまな事業があるでしょうが、本棚はいわばその人の頭の中のアウトプットでもあるといえるでしょう。

  • ビジネス書のエッセンスを2分で理解

    ビジネス書は、ビジネスマンにとっては必読文献ともいえるものです。しかしながら、時間のない人にとって文字の列を追うことはなかなか難しい作業であるといえるでしょう。途中まで読んだとしても、それまでの内容を忘れてしまうこともしばしばです。

  • 下読みとは何か?

    小説の新人賞には多いものだと何千通もの応募があります。その中から、受賞作となるものは多くても1作か2作です。1000通応募があって、1作の受賞の場合は実に倍率1000倍です。新人賞はどのようにして選ばれるのでしょうか。

  • 本はどこに線を引くべき?

    本に線を引く読み方があります。線を引くことによって、次に読む時に、重要な部分をすぐに把握できるメリットがあります。しかし、慣れない人だと、あちこちに線を引いてしまったり、あるいはまったく重要でない場所に線を引いてしまう、そんなこともあるでしょう。

  • 文字の本を読む方法

    小説でもノンフィクションでも文字だらけの本が苦手という人はけっこういるかもしれません。ここでは、文字の本を読むための方法を紹介します。 1.わからないところは飛ばす 文字の本が苦手な人の特徴として、わからないところでとまってしまうというものがあ

  • 速読に向いている本、向いていない本

    本を読みたいけれども、なかなか本を読む時間が確保できないという人も多いでしょう。そんな人たちが憧れる技術が速読術です。 速読の方法 速読術というのは基本的には視界に入れる文字の量を増やして読んでいくというスタイルが取られます。活字を読む場合、通

  • Twitterがあって良かった!! アウトプットが楽にできるTwitter読書術。

    日本ではこれから夏やジメジメした日が多くなっていきます。そうなると外に出てアクティブに動くのではなく、家の中で過ごす機会が多くなっていくのではないでしょうか。その時の選択肢として挙がるのが読書。本があれば場所を問わず何処でもできる読書は有力です。そして、読書す

  • 外務省のラスプーチン推薦!! 佐藤優がすすめる読書法。

    みんなしている読書。子供のころから学校で読書を教わり、取り敢えず読むということは覚えました。ですが、読書にも方法論があります。ちゃんとしたやり方で読書をすることで効率よく知識を吸収することができるようになります。そこで今回は佐藤優がすすめる読書法について紹介し

1 / 2 1 2 最後 »