30分の朝読書で人生を変える!朝読書を継続する8つのポイント

ビジネスでの成長の近道は読書をすること。わかってはいてもなかなか継続できないのが読書ですね。読書がなかなか継続できない方へ、朝の30分から始める朝読書はいかがでしょうか。通勤の時間などを利用しながら読書が継続できます。それでは、朝読書を継続するポイントを紹介します。


■朝読書のすすめ

朝の読書は眠っている思考を柔軟にし、後の作業を効率化してくれます。朝読書はウォーミングアップともいえます。朝に読書をすることで、思考が柔軟に動き出せば、自分の頭で考え、判断するくせが自然とついてきます。なぜなら、インプットの無い人はアウトプットが出来ないからです。読書は時間の圧縮袋ともいえます。

■朝読書を継続する8つのポイント

  • 1. 速読は不要。著者と自分との対話の余裕がなくなるから
  • 2. 朝読書は時間的制約、空間的制約の緊張感ある場所で(朝読書は「家以外の場所」でしよう)
  • 3. 朝早い通勤電車は他人の目もあり適度な緊張感がありおすすめ
  • 4. 同じ本を時期を変えて、視点を変えて何度も読む(反復作業をしなければわずか20分で42%、1時間で56%、1週間で70%忘れてしまうため、反復が命)
  • 5. 合わない本はすぐ辞める(「思考するきっかけ」を与えてくれる本が良書。ベストセラーでも自分がおもしろく感じなければ、読む必要はありません)
  • 6. 人の紹介で本を選ぶと世界が広がる
  • 7. 本に書き込みをすると、後日読んだとき、新たな気づきがある
  • 8. 運命の一冊に出会えれば読書好きになる

30分の朝読書で人生を変える!朝読書を継続する8つのポイント

朝という限られた時間を読書にあてると人生が変化します。まずは30分の朝読書から始めてみてはいかがでしょうか?読書を始めることで人生が大きく変わるかもしれません。

「30分の朝読書で人生は変わる(松山 真之助)」(1)の詳細を調べる

「30分の朝読書で人生は変わる(松山 真之助)」(2)の詳細を調べる

「30分の朝読書で人生は変わる(松山 真之助)」(3)の詳細を調べる

    
コメント