読書のルールを学ぶ

本を読むのが苦手という人は少なくありません。そうした本を読むのが苦手ということを言う人にとって、つい抱きがちな悩みというのが、本を読んでいるものの、内容が頭に入ってこないというものがあるでしょう。そうなると、途中でどこまで何を読んでいたのかということもわからなくなってしまい、大変というものですね。

ルールを知る

そうした人におすすめの本が園善博による『本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール』(中経の文庫)です。本書は、そもそも読書が苦手という人に向けられた本です。さらに読書が苦手なのは、説明ベタだからではないかといった悩みを抱えている人にも向けられた本です。読書というのはひとつの快楽であり、知識を吸収するものでもありますが、同時にそれはビジネススキルとして、すぐに役立つものにしたいという思いもあるでしょう。そうした人に向けてクイックに欲望をかなえてくれる魔法のような本が本書というわけです。

トレーニングを積む

読書というのはひとつのトレーニングであると言えます。誰もが最初からうまくできるわけではありません。もちろん、向き不向きといったものもそこにはあるにはあるのですが、やはりトレーニングをどのように積んでいくのか、経験を重ねていくのかということは大切なのではないでしょうか。読書という誰もが身近にできる行為から、それをはじめてみてはいかがでしょうか。非常にお手軽度の高い本だと言えますので、本を読むことに苦手意識のある人におすすめです。