速読に向いている本、向いていない本

本を読みたいけれども、なかなか本を読む時間が確保できないという人も多いでしょう。そんな人たちが憧れる技術が速読術です。


速読の方法

速読術というのは基本的には視界に入れる文字の量を増やして読んでいくというスタイルが取られます。活字を読む場合、通常は一行ずつ読んでいきますが、速読の場合は、数行、あるいはそれ以上の単位で文字の量を把握して、キーワードを拾い上げ、そこに何が書かれているかを把握します。そして、内容の把握を積み上げてゆき、全体の内容を理解していくという方法が取られます。

小説の速読はありか?

そうした方法で読んでいては、読書の味わいはないのではないかという声も聞こえて来そうです。実際、小説や詩など味わって読む類のジャンルの本と速読の相性は悪いでしょう。小説も、今流行りの小説をおさえておくといった目的以外ならば、速読はおすすめできません。

速読向きの本は?

ならば速読に向いている本はどのようなものでしょうか。新書本やビジネス書などの類の本は非常に速読向きと言えます。さらに新書のタイトルは、本の結論を一言で言い表しているものが多くあります。例えば「会社は絶対に辞めるな」に対して「会社は今すぐ辞めよう」といったものです。基本的にはタイトルに沿って主張がなされていきますので、その論拠を把握しながら速読をしていくということになります。

「読書方法エキスパートになるための3冊!」の詳細を調べる

    
コメント