一箱古本市とは何か?

全国各地で一箱古本市というイベントが行われています。これは、ダンボール一箱分の中に、古本を詰めて、各出品者が店主となって古本を売るイベントです。省スペースでできることから、全国各地で行われるようになりました。


どんな世界がある?

一箱古本市は、上野のそばにある不忍ブックストリートではじめられました。地域の店舗の軒先を借りて古本を売るイベントです。参加者は、街を歩き回って古本をながめながら、地域のお店で買い物をしたり、あるいは寺社や名所などをめぐって街の歴史を感じたりといった複合的な体験が可能です。そんな一箱古本市を始めた人物によって書かれた本が 南陀楼綾繁による『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)です。

個性がある一箱古本市

本書は一箱古本市を東京ではじめた著者が、全国各地で行われるようになった一箱古本市をめぐるルポルタージュです。福岡や名古屋、仙台といった大都市はもとより、地元に本屋がない追分・小布施といった場所まで、全国をめぐっています。一箱古本市とともに、現地の古本屋をめぐったりと、とにかく本に関わることならば全国のどこへでもでかけてゆくフットワークの軽さが感じられます。

能動的な読者

本書で著者が提唱するのは能動的な読者です。確かに出版物は、出版社が作ってそれを売って、読者は受け取るだけという一方通行な関係にあります。しかしながら、一箱古本市は、店主と買い主が、きっちりとコミュニケーションを成立させており、なおかつ、本をきっかけに話が生まれたり、あるいは新たな本にであったりと、受動的ではない能動的な出会いが生まれるきっかけとなります。紙の本は滅びてしまうのではないか、電子書籍にとって代わられるのではないか、そんなことが言われて久しいですが、素材、マテリアルとしての本はまだまだおもしろいのではないかと思わせる一冊です。

    
コメント