英語をアジアで学ぶ方法

英語を学ぶ場合、どういう手段を考えるでしょうか。まず思い浮かぶのは英語圏への留学でしょう。カナダやオーストラリアなどはワーキングホリデーの渡航先として人気があります。そのほかにも、アメリカ、イギリス、ニュージーランドといった英語圏の人気の留学先はあります。しかし、これらの留学先は物価が高くコストの問題があります。そうしたコスパを考えるにあたって、圧倒的に有利なのがアジアでの英語留学です。


フィリピンがおすすめ

星野達彦「英語はアジアで学べばうまくいく」(秀和システム)は、時間とお金をかけずに、英語を習得する場所として、アジアをすすめています。なかでも、フィリピンの語学学校は“100%ハズさない!”と太鼓判を押します。フィリピンの語学学校のメリットは人件費が圧倒的に安く、なおかつ、国民の間に広く英語が普及しているため、現地への滞在がそのまま英語学習の場となることです。

隠れた英語圏も

さらに、フィリピンのほかにもアジアでは英語が話されている場所があります。シンガポールや、マレーシアは英語の普及度が高いことで知られています。さらに、神秘の国インドの英語学校は“カオスを感動に変える場所”と定義されています。本書を読めば自分に合った国、そして語学学校が見つかることでしょう。

    
コメント