「話せる」英語にするために読むべき4冊の本

最近のニュースで、イギリスの小学校のカリキュラムが変更されるというものがありました。多くの変更がある中、とりわけ目を引いたのが「中国語の必修化」。遠く離れたユーラシア大陸の東端の国の言語を学ぶ意欲を見せる国もある一方、日本では、中高含め6年以上も英語を勉強しているにも関わらず、実際に英語を使っている人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は英語を実際に“話せる”ようにするための本を4冊紹介します。


1. 『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』

知っているのと言葉にできるのは全く別のスキルが必要です。話すために必要なスキルは「瞬発力」です。中学生レベルの文法、文の構造、ボキャブラリーで瞬間的に言えるようになるトレーニングを提唱している本書。「英語はこうやって文を組み立てるのねー」という感覚をつかむには最適な本です。中学生レベルの知識だけでも意外となんとかなるものです。

2. 『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』

前作『どんどん話すための〜』は文型や単元ごとに分けてありましたが、今作ではシャッフルされています。それに加え、少し長めで文構造が複雑な文も登場し難易度はアップ。読み進むにつれて「こんな簡単な言い回しがあったのかー」と納得させられる部分も多く、すぐに効果を確かめたくなる本です。“わかっている”から“できる”までの橋渡し的な本です。

3. 『みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング』

本書では何度も音読やシャドーイングを繰り返し、英語を身体に染み込ませる作業に入ります。何度も何度も繰り返すので「修行」のように思われる方が多いと思います。しかしこの作業は圧倒的に日本人には足りていません。日本語に直さず、英語のまま直接理解できるようになる、いわゆる英語体質を作るために大切なサイクルです。本書の英文は一見簡単に見えますが、瞬間的に出てくるかといったらそうではないでしょう。

4. 『フォニックス発音トレーニングBook』

英語が第2言語な日本人がネイティブ並の発音を手に入れるのはほぼ不可能。ですが、発音のこだわりを捨てられない方は多いのではないでしょうか。本書は上記の3冊と違い「発音」に重点を置いた本です。「A」の発音は「エイ」だけでなく、「ア」や「オ」など沢山あります。そういった知識が体系的にまとめられた本です。

今回は“話すこと”にトコトン特化した本を紹介してきました。「話せる英語」が必要な方はまず本書から始めましょう!!

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)(ベレ出版)』の詳細を調べる

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング(ベレ出版)』の詳細を調べる

『みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)(ベレ出版)のまとめ』の詳細を調べる

『フォニックス発音トレーニングBook (アスカカルチャー)(明日香出版社)』の詳細を調べる

    
コメント