英語を勉強するその前に! 外国語を習得するには、何をすればいいの?

資格の必要性などを感じて、英語、中国語などなど語学の勉強をしている人も多いことでしょう。ですが、母国語でない外国語を習得するのはなかなか難しいもの。そこで今回は外国語を習得するときの心構えをご紹介します。まず外国語を学習する時にどうした心構えをしておくと良いのでしょうか。


■外国語を学ぶ前の心構え

無料教材を利用してお金がかからない場合もありますが、語学の習得の時には、お金以上に貴重な時間が無駄になってしまうということを忘れてはいけません。そのため、どの外国語を、何の目的で学ぶかをはっきり決めておかないといけません。また、その外国語をどの程度習得するつもりかの見通しをつけておきましょう。日常会話レベルなのか、ビジネスで使うレベルなのかで時間をどの程度かけるかも変わっていきます。

■外国語習得に必要なもの

1. お金と時間

お金をかけずに学習することもできますが、お金をある程度払って学習すると、それを無駄にしたくないという気持ちが起こって、その時間が無駄にならないように予習復習するようになります。

2. がむしゃらさ

まず半年くらいはがむしゃらに勉強する必要があります。語学の基本的な構造などを先に固めてしまい、一度軌道に乗りさえすれば、あとは定期的に限られた時間を割けば良いでしょう。

3. 定期的な学習

毎日少しずつでも定期的に繰り返しましょう。短期間に急激に習得したものは、短期間で忘れてしまうので、復習も欠かさずに。

4. 語彙と文法

覚えなければならないのは、語彙と文法です。語彙から、文法という順番で覚えていきましょう。

5. 優れたテキスト、先生、辞書

優れた先生のもとで、優れたテキストを使用して優れた辞書を使って学習することで記憶の定着も変わります。

何事も「継続は力なり」です。外国語を学ぼうとしている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

「外国語上達法(千野 栄一)」の詳細を調べる

    
コメント