勉強方法

勉強をするまえに、最大限効果を上げる勉強方法を知ることが大切です。記憶力の上げ方、試験・資格勉強など、学習効率を上げる勉強方法を紹介します。

  • 知の体力とは何か?

    仕事や勉強はもちろん、生きるために体力は必要なものです。やはり何があっても体力が第一にあると考えられるでしょう。しかしながらこの体力というものは、必ずしも肉体、フィジカルに接続されるものばかりではありません。頭の体力というべきものも、時には重要になってくると言えるでしょう。

  • 王道の勉強法に学ぶ

    勉強法というのは、それぞれが自己流にやるものですが、ある程度の共通項もあります。やはり、時間をかけてればそれだけ充実していくことは確かでしょう。勉強法においては、横道よりも王道を選んだ方が良いと言えるかもしれません。

  • メモ術と記憶術は一心同体

    つぶさにメモを取る人は、記憶力がいいと言われています。実際に手を動かしてメモをとることによって、五感から記憶を定着させていくのです。

  • 整形で顔が変わったら身分証は?

    素朴な疑問として、整形手術を受けて顔が変わった場合、身分証明書はどうなるかというものがあります。運転免許証はもちろん、学生証やパスポートなど、写真付きの身分証明書の扱いはどうなるのでしょうか。

  • 国語の試験、なぜ作者の意図と違う?

    模擬試験や実際の受験における国語の現代文には「作者の意図」を問う問題があります。これはしばしば作者本人から、こんなことは思っていないし考えてもいないと物言いが来ることがあります。なぜ、国語の問題は作者の意図しないものを作り上げてしまうのでしょうか。

  • 医師免許、剥奪の基準は?

    医師になるためには、日本の大学の医学部、もしくは日本の医学部卒業相当と認められる海外の大学を卒業し、日本での医師国家試験に合格する必要があります。この医師免許が剥奪されるのは、どのような時でしょうか。

  • 勉強は超速で行うべき?

    働きながら資格などを取るため勉強に挑む人は多いでしょう。しかし、仕事をしながらではなかなか時間が確保できないのが難儀なところです。

  • 情報分析の勉強法

    社会を生き抜くにあたって必要な能力のひとつに、情報分析があります。それはどのようなものかといえば、膨大な情報の中から自分に合った有益な情報を導き出す力です。特に、スマートフォンやパソコンなどによって常にインターネットに接続されている現在においては必須のスキルであるといえるでしょう。情報分析力があるかどうかが、場合によっては自分の生存戦略に関わってくることもあるのです。

  • 仕事と勉強の両立方法は?

    仕事をしながら勉強を続ける人は多いかもしれません。資格の勉強、あるいは学校へ入り直すための勉強、さらに今の仕事でステップアップするための勉強などさまざまでしょう。

  • 40代からの記憶術とは?

    40歳は、人生のターニングポイントであるといえるでしょう。そこまで来てしまうと、新たなチャレンジというのはしづらくなります。さらに身体機能の衰えも出てくると、いわゆる老化がはじまります。

  • センター試験の受験資格は?

    毎年1月に行われる大学入試センター試験は、受験シーズンのはじまりに位置づけられるものです。高校生ばかりではなく浪人生や、なかには芸能人が受験し話題になることもありました。センター試験の受験資格はそもそもどのようなものになっているのでしょうか。

  • 勉強はA4コピー用紙1枚でOK?

    勉強法に関する本は多く出版されています。そこで展開されている内容は、どれだけ効率的に進めるかという点でしょう。確かに、勉強に充てられる時間は限られているわけですから、効率を求めるのは当然の行為です。

  • 覚えない記憶術とは?

    つい、うっかり物事を忘れてしまったという経験は誰しもあるでしょう。これは、プライベートならば友人に謝って済む問題かもしれませんが、ビジネスにおいては大きなダメージとなってしまうことも少なくありません。

  • ムダにならない勉強法とは?

    勉強法に関する本は多く出版されています。しかし、そのほとんどが方法を紹介するためのもので、そのまま自分が即座に真似できるのかといえば疑問符がつきます。その勉強法は結果としてムダになっていることになりますね。

  • 独学を極めてみよう

    なにか新しい物事を学ぶとき、学校へ行く、特定の師匠へつくというスタイルはもっともオーソドックスな方法です。一方で、時間もお金もないという人は独学という手段もあります。しかし、独学は自己流の変な癖がついてしまうおそれがあるといったリスクを孕んでいるため、敬遠されがちな傾向もあります。ただ、独学がすべて悪いというわけではありません。

  • フィードバックの重要さ

    フィードバックという言葉をよく目にします。これは、電気回路において、出入力に変化を持たせるという意味があります。転じて、心理学や教育などで行動の結果などを修正していく仕組みに対しても使われます。ネットのライティング作業などにおいては、修正点の指摘などについて使われます。さらに、最近では、上司の部下に対する指導としてもフィードバックという言葉が使われます。

  • 勉強は「捨てる」ことが大事?

    勉強は、受験が終わっても一生続いてゆきます。資格試験の勉強や、あるいは会社の仕事にまつわる勉強などさまざまなタスクがあります。しかし、社会人になってからの勉強時間はそう多くは確保できません。平日は、夜は疲れて帰ってきて寝てしまうことがほとんどでしょう。休日にまとめて勉強すればいいやとなっても、こちらも平日の疲れを取るのに費やされることもしばしばです。

  • 暗記は書いて覚える

    暗記というと、受験勉強だけのものと思われがちです。さらに、旧来の勉強法であると避けられがちかもしれません。今はスマホがあるので、わからないことはすぐに調べれば良いと思っている人も多いでしょう。それでも、暗記は昔からある通り、重要なテクニックの一つです。スマホは電池が無くなってしまえば無用の長物です。さらに電波の届かない場所では……。だからこそ、暗記は大切だといえるでしょう。

  • ヤマ張りを見直す

    試験勉強などで「ヤマを張る」という言葉があります。おそらくここが出るだろう範囲を定めて集中的に勉強することですね。これは一見、非効率な方法に見えますが、実はそれなりの合理性があるのです。

  • 脳にまかせる勉強法とは?

    勉強、あるいはビジネスシーンにおいて、記憶は重要な要素です。一度覚えたこと、教えたことを忘れてしまっては、効率が悪いでしょう。暗記型の勉強法というのは、ともすれば、その点において苦痛をともなうこともあります。そして暗記型、詰め込み型の勉強法はほかに融通が効かないといった批判をされることもあります。果たして本当にそうなのでしょうか?

1 / 2 1 2 最後 »