脳にまかせる勉強法とは?

勉強、あるいはビジネスシーンにおいて、記憶は重要な要素です。一度覚えたこと、教えたことを忘れてしまっては、効率が悪いでしょう。暗記型の勉強法というのは、ともすれば、その点において苦痛をともなうこともあります。そして暗記型、詰め込み型の勉強法はほかに融通が効かないといった批判をされることもあります。果たして本当にそうなのでしょうか?


脳にまかせてみる

池田義博による『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』(ダイヤモンド社)です。著者は学習塾を経営しながら、40代半ばで記憶力の日本チャンピオンとなった人物です。普通はそれくらいの年齢になると物忘れがひどくなるのではないでしょうか。しかしながら、著者はそのハンデをのりこえて、見事記憶力のチャンピオンとなりました。その秘訣は何であるのか、きちんと解き明かしたものが本書です。

どういう方法が良い?

本書で取り上げられている記憶法はシンプルです。勉強の労力を減らして、脳の成果を上げる方法です。果たして本当にそんなことが可能なのでしょうか。例えば芸能人の顔を見てすぐに名前が思い浮かぶ人は多いでしょうね。それは脳がしっかりとその人の顔を記憶しているからです。そうした方法を勉強においても実践すればよいのです。著者が実際に試した方法が多く紹介されていますので、見てみると良いでしょう。

    
コメント