効率勉強法とは?

勉強とはやみくもにするものではありません。そこにおいては効率的な勉強法といったものがあると言えるでしょう。目標に向かって結果を最短距離で出す方法を探るのです。

何をすべきか?

メンタリストDaiGoによる『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』(学研プラス)は勉強法に関する本です。しかし、ただひたすらに努力することなどを推奨した精神論によるものではありません。もっと科学的なメソッドに基づいた勉強法を提唱しています。本書ではどのようなテクニックが紹介されているのか、それがどのように実際の勉強に結びつき役立っていくのかを見ていきましょう。

ポモドーロ的サイクル?

効率的な勉強法として紹介されているのがポモドーロ的サイクルです。これは40分の勉強を行い、テスト用に内容をクイズ化し、10分間の昼寝を行います。そのあとに、作成したテストをやってみて、正解率に対して自分にごほうびを用意するというものです。この方法では、知識の反復と定着が行われていると言えるでしょう。

やってはいけないテクニックも

さらに本書では、ほかの勉強法本で紹介されているものや、これまで良いとされてきた勉強法の中で、やってはいけないことも紹介しています。このようなテクニックを具体的に紹介してもらうことで失敗をするリスクをより少なくできると言えるでしょう。