勉強は超速で行うべき?

働きながら資格などを取るため勉強に挑む人は多いでしょう。しかし、仕事をしながらではなかなか時間が確保できないのが難儀なところです。


時間もお金もかけない

そうした境遇の人にとって、時間もお金もかからない勉強法があるとするなら、それは夢のような話なのではないでしょうか。その夢のような勉強法を記した本が、佐藤孝幸による『働く人のための超速勉強法:時間もお金もまったくかけずに難関試験を突破する66の革新的テクニック』(大和書房)です。本書は、会計士と弁護士のW資格を働きながら取得した筆者による、勉強指南本です。

著者だけのメリットではない?

こういった本は、著者が極めて頭がいいからできる方法なのではないかと思われがちです。しかし本書で取り上げられているテクニックは誰でも援用可能なものです。いわば、勉強ができる、できないといった問題以前の勉強法を解説した本なのです。本書で強調されているのは、負担を最小にして、最高の結果を出すためのプロセスです。本書で書かれている内容はベーシックな部分に特化していますので、そのぶんあらゆる試験に応用可能であるといえるでしょう。ざっとあげるだけでも、会計士、司法試験、宅建、社労士、行政書士、簿記、公務員試験、中小企業診断士、TOEICといったものがあります。これまでの人生を変えるために、仕事のスキルアップのために、正しい勉強法を身につけることは決して損ではないといえるでしょう。

    
コメント