仕事と勉強の両立方法は?

仕事をしながら勉強を続ける人は多いかもしれません。資格の勉強、あるいは学校へ入り直すための勉強、さらに今の仕事でステップアップするための勉強などさまざまでしょう。


どういうふうに時間を作ればいい?

その勉強をするにあたって困るのは、どのように時間を確保するかという点ではないでしょうか。勉強にベクトルを傾けすぎてしまうと、勉強をするために仕事を辞めるといった本末転倒な自体も起こりかねません。そこで読むべき本が、佐藤 孝幸『「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術』(クロスメディア・パブリッシング)です。本書には、仕事をしながら勉強を続けるための方法が記されています。

何をすればいいのか?

まず、本書で特徴的と言えるのは、時間を作るための方法が解説されている点でしょう。勉強をはじめるにあたって、時間がなければいけない、その絶対的な数字をどうやって導き出せばいいのか。仕事の効率をあげて時間を作る、趣味の時間を減らす、飲み会へ参加しない、といったものです。これは簡単にできるようでいて、つい流されてしまいがちなのが実態ではないでしょうか。しかし、その段階からもう勉強ははじまっているともいえるでしょう。勉強をするには、それができるための時間作り、環境作りがまず大事であるのだとわかる本です。実にシンプかつ深い問いかけを提示した良書であるといえるでしょう。

    
コメント