まだ夏前!! 受験勉強をする時に知っておきたい成功させる3つの考え方。

全国的に蒸し暑くなり、春はもう過ぎ夏到来。受験生にとって夏は勝負の時期で、この夏を如何に過ごすかで今後の進学先が決まってきます。とは言え、まだ受験勉強は本格化する前。そこで今回は、夏前に受験勉強を成功させるために知っておきたい考え方を3つ紹介します。


■3つの考え方

1. マイナス思考を取り払う

勉強していても問題が解けなかったり、結果が思うように上がらなかったりすることは日常茶飯事。そういうことはなぜ起こるのでしょうか。多くの場合、ただ単に「勉強ができない」という苦手意識があるからだけなのです。

誰しも、最初は思うようにいかないもので失敗したり成績が上がらない経験はあるはず。それを乗り越えてこそマイナス思考が取り払われるのです。三日坊主を乗り越え、勉強を続けるためにも勉強を続けさせる「何か強い動機」を見つけましょう。

2. 良い方に解釈する

勉強をしていると自分だけでなく周囲からもプレッシャーを受け、強いストレスが自分に降りかかります。それを克服してこそ、真に受験勉強に熱中できるのですが一朝一夕ではいきません。

そもそもストレスをなぜ受けるのかというと、解釈の仕方が間違っているからです。ピンチをチャンスに変えられるようなポジティブな考え方が受験勉強では求められています。例えば、模試で間違った部分は自分が勉強できないという証明ではなく、発展途上だと考えられる気持ち、それを潰せば先に進めるというポジティブな解釈が有効でしょう。

3. 集中力を重視する

勉強をする上で、切っても切れないものが集中力です。当然、集中力は高いほうが良いですし、長く続いたほうが良いもの。また、集中力はやる気とも密接に関係しています。

仮でも良いので、明確な目標を設定することはやる気につながっています。そのやる気は集中力を左右します。目標は途中で変更しても構いません。ただ、注意するのは現実味がある目標かどうかということです。

受験勉強はまだ始まったばかり。遅れは頑張れば、まだ取り返すことができます。このひと夏でライバルに差をつけましょう。

「勉強に集中する方法(須崎 恭彦)」の詳細を調べる

    
コメント