せわしない現代社会で「ゆるく生きる」為に必要な4つの心得

常日頃から、「忙しい」が口癖になっている方はいませんか? 日本人は、実直な真面目で、世界の中でも働き過ぎだと言われているくらい、自分の時間を仕事に充てている人が多いです。しかし、常に頑張り続けているが故に、力の抜き方が分からず、疲れている人が多いのも事実です。今回は、上手に肩の力を抜く為の方法をご紹介します。


1. 目標は低く持つ

高い目標を持つ事が、必ずしも人生に必要とは限りません。高すぎる目標は自分を苦しめ、人を不幸にします。また、高い目標を持つことにより、期待感も上がりますがそれが達成できなかった時のショックは図り知れません。これぐらいなら実現可能だろうと言う小さな目標を立てる程度にしておきましょう。

2. 退屈な時間を楽しもう

あなたの予定をチェックしてみてください。何も予定が入っていない日はありますか? 何かしなくては! と言う気になったり、予定が入っていない事に不安になるのは、一種の現代病と言って差し支えありません。たまには、家で一日ぼーっとしてみるなど、何もない一日を過ごしてみましょう。

3. 人生の主役を生きる

"あなたの人生はあなたの物だ"と言いますが、全く以てその通りです。あなたの人生を面白くするか、つまらなくするかはあなた自身にかかっているのです。順当で何の危険もない代わりに、パッとしない人生を送るのもあなたが決めたこと。いろいろなリスクを侵してきたけど、その度に新しい発見に出会ってきた人生を送るのもあなたが決めたことなのです。

4. 人生は早めに諦める

人生において、どんなに願っても叶わない夢と言うのは、必ず存在します。過大で過分な夢を持つと、それまでの努力が"全て無駄"になってしまい、がっくりと落ち込んでしまう事もあります。人生を楽しく生きる為に"大きすぎる夢"は持たないようにしましょう。

目標を低く、とか叶わない夢を認めると言うと、悲観的になっている様に聞こえてしまうかもしれませんが、必要以上に頑張ってしまう傾向にある日本人にはこれがベストなのだと思います。上手に肩の力を抜き、その蓄えた力を次への活力に出来たら、きっと人生は楽しいものになるでしょう。

「ゆるく考えよう(ちきりん)」の詳細を調べる

    
コメント